HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > セレーナ・ゴメス初のNo.1なるか、全米アルバム・チャート予想

セレーナ・ゴメス初のNo.1なるか、全米アルバム・チャート予想


セレーナ・ゴメス/ジェイ・Z/マーク・アンソニー

どうやら、セレーナ・ゴメスが次回の米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初のNo.1獲得に向かっているようだ。
関係者は、彼女の新作『スターズ・ダンス』が9万から10万枚ほど売り上げるのではないかと予測している。

結果は7月31日水曜の朝に明らかになる。

ジェイ・Zの最新No.1アルバム『マグナ・カルタ...ホーリー・グレイル』は、おそらく7万5000枚の売り上げで2位へドロップ。
そのすぐ後には、2週目ながら5万枚のセールスにせまる勢いの『ティーン・ビーチ・ムービー』サウンドトラックが続いており、同サントラは前回、2万5000枚の売り上げ(ニールセン・サウンドスキャン調べ)で8位に初登場していた。

なお、次回トップ10で2つ目の好発進が予想されるのは、3万前後の売り上げが見込まれるマーク・アンソニーの『3.0』だ。
同ラテン・スーパースターの2010年の前作『Iconos』は、初週2万4000枚を売り上げ11位だった。

もし『3.0』が10位内に登場すれば、アンソニーにとって初のスペイン語によるトップ10アルバムとなり、最高位3位に初登場した2002年の『メンディッド』以来のトップ10入りとなる。

また、トップ10入りの可能性があるもう1つのアルバムは、リッチ・ギャングの新作だ。リッチ・ギャングの名の下でリリースされる同コンピレーション・アルバムでは、リック・ロスやクリス・ブラウン、R.ケリー、フューチャーをゲストに迎えており、およそ2万枚前後を売り上げるとみられている。

主要6社であるiTunes、Trans World Entertainment、Best Buy、Starbucks、Target、Anderson Merchandisersからの報告によるサウンドスキャンの週間調査のうち、最初の4日間(月曜から木曜)の結果を反映したビルディング・チャートは下記のとおりだ。
(米ビルボードではこの数字が全米アルバム・セールスの85%を構成するものと見積もっている)


◎ニールセン・サウンドスキャン・ビルディング・チャート
※順位(前回順位)アーティスト名/作品名
01(-)セレーナ・ゴメス/『スターズ・ダンス』
02(1)ジェイ・Z/『マグナ・カルタ...ホーリー・グレイル』
03(8)サウンドトラック/『ティーン・ビーチ・ムービー』
04(3)キッズ・バップ・キッズ/『キッズ・バップ24』
05(-)マーク・アンソニー/『3.0』
06(-)リッチ・ギャング/『リッチ・ギャング』
07(5)フロリダ・ジョージア・ライン/『ヒアズ・トゥ・ザ・グッド・タイムズ』
08(2)サラ・バレリス/『ザ・ブレスド・アンレスト』
09(6)イマジン・ドラゴンズ/『ナイト・ヴィジョンズ
10(-)ザ・ローリング・ストーンズ/『ハイド・パーク・ライブ』

Billboard Daily News 2013年7月29日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる