海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > “レ・ミゼ”出演の英コメディアン、QUEENのフレディ役を降板

“レ・ミゼ”出演の英コメディアン、QUEENのフレディ役を降板


サシャ・バロン・コーエン/フレディ・マーキュリー/クイーン

映画『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』の主演で有名なイギリスの人気コメディアン、サシャ・バロン・コーエンが、近々伝記映画の公開が予定されているクイーンのシンガー、フレディ・マーキュリーの役を降りた。

“Deadline.com”の報道によると、同俳優はクリエイティブ面での不一致を理由に、2010年に発表された同プロジェクトから手を引いたとのことだ。

エキセントリックな喜劇役者であるコーエンは、クイーンの今や伝説となった1985年の【ライブ・エイド】ベネフィット・コンサートの頃のフレディを演じたかったとのこと。しかしプロジェクトが進むにあたり、フレディをどのように描くかについて緊張が生じたという。

コーエンは、1991年にエイズに倒れた亡きロッカーの核心に迫る、より暗い描写を望んだものの、映画製作側をはじめクイーンのメンバーでさえもバンドの最盛期を描いた、よりファミリー向けの表現にしたいとしたようだ。

外見がフレディ・マーキュリーに似ているうえ、映画『レ・ミゼラブル』で魅せた歌唱力も持ち合わせているコーエンのキャスティングは、誰もが納得できるものだった。

コーエンは、この映画を成功させるためにと脚本家のピーター・モーガンをはじめ、監督のデヴィッド・フィンチャーやトム・フーパーを引き込んだにもかかわらず降板した。

プロデューサーらはフレディを演じる別の役者を探そうと動き出しているようだ。

Billboard Daily News 2013年7月24日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる