海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ザ・ボクサー・リベリオン、米ビルボードスタジオでSPセッション

ザ・ボクサー・リベリオン、米ビルボードスタジオでSPセッション


ザ・ボクサー・リベリオン

ロンドンのオルタナティブ・ロッカー ザ・ボクサー・リベリオンが米ビルボードスタジオに立ち寄り、インタビューに加え、2013年のアルバム『Promises』から特別に2曲を披露した。

4枚目(自身のレーベルからのインディーズ・リリースは3枚目)となる同LPにて、彼らは曲作りとレコーディングができるスタジオを手に入れ、自身の音楽を真の姿で生み出す環境を整えたという。

フロントマンのネイサン・ニコルソンは「僕たちはよりポジティブでアップビートなものを求めていたんだ」と明かし、思慮深い作風の2011年のアルバム『ザ・コールド・スティル』に続き、曲作りのアイデアを高めようと自分たちのアイデンティティを貫いたと語っている。

一方、リード・ギターのトッド・ハウは「少しテンポを上げ、よりアップビートで、よりハイファイなサウンドを目指したかった。いろんなメロディや歌詞を試したり、作ったり、磨き上げる時間がたくさんあったんだ。やりたいことをやるのに制限がなかったから、最終的にはたくさんのドラムやパーカッションを重ねたよ」とコメント。

ビルボードのスタジオで披露した「ニュー・ヨーク」と、シルクのように滑らかなオルタナティブ・ロック・バラード「ダイアモンズ」のライブ・パフォーマンスがそれらの証だ。

ハウはさらに、「僕らの環境を羨ましがるバンドは沢山いるだろうな」とも加えている。

Billboard Daily News 2013年7月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 4000円以上で送料無料
  • こども服全品SALE!
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる