HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > カニエ・ウェスト、スウィフト妨害騒動について語る

カニエ・ウェスト、スウィフト妨害騒動について語る


カニエ・ウェスト

カニエ・ウェストが珍しくニューヨーク・タイムズ紙のインタビューを受け、自身のキャリアについてある程度の長さで語っている。
その自信たっぷりの言葉の数々は、6月18日のニューアルバム『Yeezus』発売まで繰り広げられることだろう。

守備範囲の広いウェストは、親としての立場で話した(妻子を護るためなら何でもするとのこと)かと思えば、グラミー賞をけなし、自らを“ブラック・ニューウェイブ・アーティスト”と呼ぶ。そして、いっさいの悔いもないように見える。

「人間として周囲のプレッシャーに負けたのさ」とためらいは認めているものの、【MTVビデオ・ミュージック・アウォード】でテイラー・スウィフトのスピーチを妨害したことも例外ではない。

ウェストは、若いころバスケットボールのチーム作りに失敗したことが自身をより大きくしたことを思い起こし、「マイケル・ジョーダンが審判に向かって叫ぶように、俺は音楽界のマイケル・ジョーダンとして“これは間違ってる”と言えるのさ」と話す。

また、ウェスト自身のニューアルバムについての見解も掲載されており、「このアルバムにはオペラ・サウンドはないよ。言っていることが分かるかい? 俗っぽい音楽も未だに好きだけど、それらを完全に排除したんだ」と話している。

彼のインタビューは分かりやすい。時として面白く、それは故意にやっていることではない。
自分を無敵だと感じているようにも見え、「俺は何十億ドルもの価値のある会社のリーダーになるんだ。答えが分かってるからさ。文化も分かってる。俺を中心にすべてが回ってるんだ」との言葉には、周囲もそう感じさせる力がある。

Billboard Daily News 2013年6月13日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる