HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 故マイケルに新たな裁判か。性的いやがらせの申し立て

故マイケルに新たな裁判か。性的いやがらせの申し立て


マイケル・ジャクソン

故マイケル・ジャクソンの死をめぐる民事裁判が激しさを増すなか、また別の法廷闘争が起きる可能性が出てきた。

米ゴシップサイト“TMZ”によると、振付師のウェイド・ロブソン(30歳)が5月1日に提出した法的書類の中で、幼少時にジャクソンから性的虐待を受け、苦しんだと申し立てているという。

しかし、今回の申し立ての内容は、以前のウェイドの証言とは大きく異なっている。というのも、2005年の似たような告発に関するジャクソンの裁判で、ネバーランドによく泊りに来ていたウェイドは、性的ないたずらはなかったとしているからだ。

同裁判では、ジャクソンの元ハウスキーパーであるブランカ・フランシアが、この2人が一緒にシャワーを浴びているのを見たと主張していた。ちなみに当時の裁判でジャクソンは、全ての容疑で無罪となっている。

最近のロブソンは、米ダンスオーディション番組『アメリカン・ダンスアイドル(So You Think You Can Dance)』に登場したり、ブリトニー・スピアーズやアッシャーなどのスター達と一緒に仕事をしている。

なお、ロブソンの訴状は伏せられており、公にはされないと伝えられている。

ジャクソンの母、キャサリンが率いる遺産管理団体“マイケル・ジャクソン・エステート”は現在、2009年のジャクソンの死に関し、AEGに過失の可能性があるとする裁判の渦中にある。

Billboard Daily News 2013年5月9日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる