HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ジャスティン・ビーバーとアッシャーに盗作の疑い

ジャスティン・ビーバーとアッシャーに盗作の疑い


アッシャー/ジャスティン・ビーバー

バージニアの2人のソングライターが、ジャスティン・ビーバーとアッシャーに対し著作権侵害で少なくとも1000万ドル(約9億9千万円)の支払いを求める訴えを起こしていることが明らかになった。

デヴィン・コープランドとマレイオ・オーバートンは、「サムバディ・トゥ・ラヴ」が2008年に自身達が書いたある曲と数え切れないほど多くの歌詞とスタイルに類似点を持つと主張している。著作権侵害訴訟は音楽業界ではよくある話だ。

チェサピーク在住のコープランドと、ポーツマス在住のオーバートンは5月2日、多数のソングライターとプロデューサーが彼らの曲を複製するため共謀したとして、ノーフォークの連邦裁判所に提訴した。

訴えによると、同曲はコープランドとオーバートンが曲のコピーを提供した音楽プロモーターから、まわりまわってアッシャー側に渡ったとのこと。また、マネージャーを務めているアッシャーの母親が2009年にコープランドに電話した際に、アッシャーがコープランドを起用してアルバムを再レコーディングし、ツアーに出ることに興味があると話したとしている。

それ以来、アッシャー側からコープランドに連絡があることは無かったという。

訴訟ではさらに、アッシャーが早くも2010年にはYouTubeで「サムバディ・トゥ・ラヴ」のデモを披露していることに触れている。
アッシャーは最終的に、同曲をビーバーのアルバム『マイ・ワールド2.0』のための曲とした。

アッシャーのバッキング・ボーカルをフィーチャーしつつ、ビーバーが歌った「サムバディ・トゥ・ラヴ」は、2010年の米ビルボード・チャート“Hot 100”で最高15位をマークし、プラチナレコードに認定された。

なお、今回のケースでは陪 審裁判を要求されている。

Billboard Daily News 2013年5月8日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE
  • 海外発送
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる