海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > オバマ大統領、ジェイ・Zとスウィフトについてジョーク飛ばす

オバマ大統領、ジェイ・Zとスウィフトについてジョーク飛ばす


ジェイ・Z/テイラー・スウィフト

バラク・オバマ大統領が先日、ホワイト・ハウスで記者クラブの晩餐会を開き、史上最もヒップホップ好きな最高司令官ぶりを発揮した。

まず、DJキャレドの「オール・アイ・ドゥ・イズ・ウィン」をテーマ音楽にして登場したオバマ大統領は、演壇にあがると「私の新しい入場曲はどうかな?」とジョークを披露。

また、(最近ではビヨンセにも批判的な)極右派政治評論家を引き合いに、「ラッシュ・リンボーが忠告していただろう? “この2期目には気をつけろ!”ってね」と話した。

その後、スピーチの序盤では、最近話題となっていたジェイ・Zとビヨンセのキューバ旅行や、ジェイ・Zの曲「オープン・レター」に触れ、「ジェイ・Zがキューバに行ったことについての騒ぎは信じられない。私は“99個の問題”を抱えているが、今やジェイ・Zがそのうちのひとつだ!」と述べた。

人々が“99プロブレムズ”のジョークを口にするようになってずいぶん経つが(ジェイ・Zの2004年の『ザ・ブラック・アルバム』から同タイトルのヒット曲が生まれて以来のこと)、大統領がそれを蒸し返したのはかなり笑えた。

なお、オバマ大統領は予算削減問題についても触れ、「共和党員たちはこの問題に夢中で、今や彼らはどれだけ嫌であるのかについての議論を止められないでいる。それはまるで、我々がテイラー・スウィフトのアルバムにハマってしまったようなものだね」とコメントした。

Billboard Daily News 2013年5月1日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • こども服全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる