HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 今年の【カンヌ映画祭】で音楽的に注目の作品は?

今年の【カンヌ映画祭】で音楽的に注目の作品は?


ジェイ・Z/ジャスティン・ティンバーレイク/リベラーチェ

【第66回カンヌ映画祭】においては、ジェイ・Zと1920年代のラップ、ジャスティン・ティンバーレイクがかき鳴らす1960年代のフォーク・ミュージック、そしてリベラーチェの物語などが異彩を放ちそうだ。

コーエン兄弟監督のフォーク・ミュージック映画『インサイド・ルウェイン・デイヴィス(Inside Llewyn Davis)』は、5月15〜26日に開催される【第66回カンヌ映画祭】のコンペティション部門で世界初公開される。

ジャスティン・ティンバーレイクが出演する同映画は、マーカス・マムフォードとT・ボーン・バーネットが音楽を担当。フォーク・ミュージックのブーム真っ只中だった1960年代初期を舞台に、今は亡きデイヴ・ヴァン・ロンクの回想に基づいた作品となっている。

ちなみに、CBSは未だ同映画の一般公開日を発表していない。

同映画祭の初日を飾るのは、既にその時までにアメリカで劇場公開されているであろう、バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』だ。

ジェイ・Zがエグゼクティブ・プロデューサーを務めた同映画のサウンドトラックは、彼の新曲をはじめ、ウィル・アイ・アム、ラナ・デル・レイ、フローレンス・アンド・ザ・マシーンに、ビヨンセとアンドレ3000によるエイミー・ワインハウスのカバー、また、エミリー・サンデーとブライアン・フェリー・オーケストラによる「クレイジー・イン・ラヴ」などがフィーチャーされている。

5月26日にHBOで放送開始予定の、スティーブン・ソダーバーグ監督によるリベラーチェ(アメリカのピアニスト、エンターテイナー)の伝記作品『ビハインド・ザ・キャンデラブラ(Behind the Candelabra)』も、同映画祭で初公開される。

マイケル・ダグラスとマット・デイモンが出演する同映画についてHBOは、「エルビスの前に、そしてエルトン・ジョン、マドンナ、レディー・ガガの前に、リベラーチェが居た」と売り文句を付けている。

カンヌの“Un Certain Regard(ある視点)”部門のオープニングを飾るのは、ソフィア・コッポラ監督の『ザ・ブリング・リング(The Bling Ring)』になりそうだ。

コッポラの前作同様、音楽的要素を備えた同映画は、『マリー・アントワネット』、『ロスト・イン・トランスレーション』、『ヴァージン・スーサイズ』と同じく音楽監督をブライアン・レイツェルが務めており、再びタッグを組んでいる。なお、他に音楽的な作品では、J.C.チャンダー監督、ロバート・レッドフォード主演でセリフが全くない作品『オール・イズ・ロスト(All Is Lost)』が挙げられる。

エドワード・シャープ&ザ・マグネティック・ゼロズのリーダーであるアレックス・エバートが、同映画でコンポーザーとしてデビューを果たし、エンディング・クレジットの曲も彼が作曲している。

Billboard Daily News 2013年4月19日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる