海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ロイド・ウェバー、映画『スクール・オブ・ロック』舞台化へ

ロイド・ウェバー、映画『スクール・オブ・ロック』舞台化へ


アンドリュー・ロイド・ウェバー

映画『スクール・オブ・ロック』を舞台化するため、『オペラ座の怪人』などのミュージカルでお馴染みの作曲家、アンドリュー・ロイド・ウェバーが劇場権利を獲得したことが明らかになった。

同映画は、怠け者の主人公ジャック・ブラック指導のもと、特権階級層の子供たちがロックを学んでいくという物語だ。

ロイド・ウェバーが最近、CBCラジオで語ったところによると、この企画に“とても興奮している”という彼は、自作の新しい曲も組み入れるようで、「おそらく自分の曲もやるが、元々ある曲も使用するだろう」と話している。

2003年に公開されたリチャード・リンクレイター監督の映画『スクール・オブ・ロック』では、レッド・ツェッペリン、クリーム、AC/DC、ザ・フーなどのロック・クラシックスから、同映画の脚本家、マイク・ホワイトによるオリジナル・タイトル曲などをフィーチャー。

スコアはシャダー・トゥ・シンクのフロントマン、クレイグ・ウェドレンが務めていた。

売れないミュージシャンのブラックは、家賃を払うためにと堅物のルームメイト(マイク・ホワイト)になりすまし、私立学校での臨時教師の職を得る。

やがて彼は生徒たちと親しくなり、ロックの真髄を教えていく。

Billboard Daily News 2013年4月11日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • GUESSオープン!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる