海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ガガ“生肉ドレス”のスタイリスト、フランスのブランドと袂を...

ガガ“生肉ドレス”のスタイリスト、フランスのブランドと袂を分かつ


レディー・ガガ

レディー・ガガのスタイリストを務め、あの悪名高い“生肉のドレス”を作ったニコラ・フォルミケッティが、フランスのファッション・ブランド、ティエリー・ミュグレーでのクリエイティブ・ディレクターのポストを降りた。

レディー・ガガとともに知名度を上げてきたニコラ(2009年からガガのために数え切れないほどのコスチュームをデザインしてきた)は、4月1日にこの事をほのめかしており、「今週、ビッグニュースがある!!」とツイートしていた。

2年に及ぶパートナーシップを結んできたティエリー・ミュグレーとフォルミケッティだが、双方同意のもと、別々の道を歩むことになった。さかのぼること2010年9月に同ブランドに雇われたフォルミケッティは、ミュグレーの名の下でクリエイティブ・ビジョンを抜本的に変え続けてきた。

フォルミケッティは、「特にインターネットを通じてファッションを探求し育ってきた新しい世代や観客のために、ブランドを再び活気付けることはチャレンジだった」とミュグレーの報道発表で説明している。

また、フォルミケッティは同フランスのブランドにガガを紹介している。ガガは彼のミュグレーでの初め2回のファッションショーのためにサウンドトラックを提供し、また女性服のランウェイで歩いたこともある。

さらに彼は、ガガのお尻からインスパイアされたというハンドバッグを9月に同ブランドで作っている。

ミュグレーの会長、ジョエル・パリックスは、「彼はミュグレーの歴史の一部となり、私たちを先へと押し進める力として知られるようになるだろう」と話している。ミュグレーはまもなく新しい戦略プランを発表する予定で、“WWD”の報道によるとその計画は、「フレグランスでの大きな成功とファッションにおける新たな推進力を基にしたもの」だという。

ニコラ・フォルミケッティは現在、ユニクロのクリエイティブ・ディレクターを務めており、ニコパンダという自身のラインを手がけているほか、唯一無二のガガに目もくらむ衣装を作り続けている。

Billboard Daily News 2013年4月3日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • G.W SALE!全品オフ!
  • アウトレットSALE
  • ビーチアイテム
  • GWスペシャルアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる