HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > フー・ファイターズ、新作は“型破り”に。デイヴが明かす

フー・ファイターズ、新作は“型破り”に。デイヴが明かす


フー・ファイターズ/デイヴ・グロール/テイラー・ホーキンス

デイヴ・グロールは、自身が監督するドキュメンタリー映画『サウンド・シティ:リアル・トゥ・リール』のキャンペーンが終わり、“フー・ファイターズモード”に戻りつつあることを明かした。

3月13日に開催された【サウス・バイ・サウスウェスト映画祭(SXSW2013)】での上映前に、「そうだな、今ちょうど書いているところだよ。俺たちがレコードに取り掛かる際には、自分たちのペースでやると上手くいくんだ。早い時もあるし、少しかかる時もある」とビルボードに話したグロール。

さらに、「次のレコードでやってみたいクレイジーなアイデアとそれをレコーディングする方法があるんだ。型破りなことさ。従来のレコードとは違うものになるよ」とも付け加えている。もちろん、それがどんな方法になるのかは触れていない。

一方、フー・ファイターズのドラマーで時折リード・シンガーを務めるテイラー・ホーキンスは、2011年の『ウェイスティング・ライト』に続く作品について「現時点ではデイヴの頭の中にあるだけだけど、沢山のアイデアがあると言っている。まだ要点を掴めてなく、どんな風になるかわからないけど、いつも少し違うんだ。良い意味でね」と話している。

同映画のサウンドトラックには、グロール、ホーキンスをはじめフー・ファイターズのメンバーたちと、スティーヴィー・ニックスやリック・スプリングフィールド、チープ・トリックのリック・ニールセン、ニルヴァーナのクリス・ノヴォセリックなどが参加しており、彼らが集結したコンサートも行なった。

グロールは、「映画の中で俺たちはセンスやコラボレーション、パフォーマンス、そして人間の要素について語っている。だから俺は、もっと進んでそれを別のレベルへ持っていきたくて、このプロジェクトをステージに持ち込んだんだ」とも話した。

なお、“サウンド・シティ・プレイヤーズ”の今後についてグロールは、「“じゃあ、次はツアーだな”とか“もっとショーをやるんだろう”って多くの人が言うんだ」と認めているものの、「神に誓って、そうだな……そのために左腕を差し出すよ。想像できると思うけど、それは“ハリウッド・スクエア”をツアーに持って行くようなものなんだ」とのこと。

一方のホーキンスは、「それは高くつく冒険だね。お金を産むとは思えない。でも、もしかすると可能かもしれないよ、ショーは素晴らしかったからね」と続けている。

しかしながら、“サウンド・シティ・プレイヤーズ”の見納めはまだ先になるようで、グロールは笑いながら「オスカー・パティーで演奏するよ」と話した。

Billboard Daily News 2013年3月15日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる