HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > リチャード・マークス、14年ぶりトップ10ヒットに隠れたエピ...

リチャード・マークス、14年ぶりトップ10ヒットに隠れたエピソード


リチャード・マークス

リチャード・マークスがクリスマス・ソングで14年ぶりとなるトップ10入りを果たしたが、なんとこの曲、これまでレコーディングを避けてきた“好きじゃない曲”だという。

各ラジオ局が24時間クリスマス仕様となったことが影響し、マークスの最新アルバム『クリスマス・スピリット』からの1曲「ザ・リトル・ドラマー・ボーイ」が、1998年の「アット・ザ・ビギニング」以来となる“アダルト・コンテンポラリー・チャート”トップ10入りをした。

マークスがビルボードに語ったところによると、皮肉なことに同曲は“あまり好きではないクリスマス・キャロルのうちの1曲”だったそうで、これまで歌うつもりは全くなかったという。

マークスは「アルバムはほぼ完成していたんだけど、マネージャーが“いろんな小売業者がそれぞれのバージョンを販売できるよう何曲かボーナス・トラックが必要だ”って言ったんだ」と当時を思い返すと、「少ない候補曲リストに“リトル・ドラマー〜”が入っていたんだけど、すごく単調だから一度も好きだと思ったことがない曲でね」と続けた。しかし、あることを思いついたというのだ。

「その曲をリストから消そうとした瞬間、ちょっと思ったんだ。“もし、U2がこの曲を演奏するはめになったらどうやる? ジ・エッジ(U2のギタリスト)だったらどうプレイする?”ってね。そしたら彼っぽいギター・パートを思いついて、ドラムのグルーブなんかは“終り なき旅(I Still Haven't Found What I'm Looking for)”から租借したんだ」と打ち明けたマークス。

「U2の『ヨシュア・トゥリー』時代の感じに近づけようとしていて、バース部分を書いたんだけど、スタジオを出て考えたら、“これはアルバムで一番のお気に入りのひとつになるぞ”ってふと思った。大変な作業が報われたよ」と話した。

マークスはここ数年、自身のレコーディングを控え、2011年にキース・アーバンのために書いたNo.1ヒット「ロング・ホット・サマー」など、ソングライティングやプロダクションの仕事に集中していた。

『クリスマス・スピリット』は、女優で妻のシンシア・ローズへクリスマス・プレゼントとして息子達と作った数曲から生まれたものだといい、マークス一家が友人らにも聴かせ始めたこれらの曲が去年EPになり、そして今年アルバムとなった。

なお、彼のクリスマス・ミュージックはこれが最後ではないかもしれない。

「先月、妻に“今年また別の曲が聴けるとは思っていないだろう?”って言ったんだ。そしたら彼女は“まぁ、楽しみにしているわ!”と来たもんだ」と笑うマークス。

「息子達を見ながら“ママのためにスゴいクリスマス・ソングをまた作らなきゃ。だからグズグズしてられないぞ”って言ったよ」と話した。

Billboard Daily News 2012年12月26日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる