HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 初ライブ盤を発表したジギー・マーリー、早くも新作に向けス...

初ライブ盤を発表したジギー・マーリー、早くも新作に向けスタジオ入り


ジギー・マーリー

初のライブ・アルバム『ジギー・マーリー・イン・コンサート』をiTunesで発売したばかりのジギー・マーリーだが、早くもスタジオに戻り次のアルバムのための曲作りに取り組んでいるという。

ジギーは「まだ確かではないけれど、来年新しいアルバムを出そうと考えているんだ。本当は、来年はオフを取ってレコードを出さないつもりだったけれど、こうやってスタジオで曲を書いたり、新しい曲に取り組んでいるとつい熱中してしまい、気が変わったんだ”とビルボードに語っている。

今のところ、次のアルバムも2011年にグラミー賞にノミネートされた『ワイルド・アンド・フリー』に続きセルフ・プロデュースする予定で、サウンド面ではレゲエであり、「ルーツをリスペクトしつつも、枠を超えた何か新しいものを作り出したいと考えているんだ」とのこと。

「頭でそう考えていると、いつもやっていることを今まで通りにやるより、もっと面白いアイデアやコード、アレンジがたくさん浮かんでくるんだ。まず、自分自身が面白いと感じる音楽を作り、その結果みんなも面白いと思ってくれればいいね」とも話している。

全15曲を収録したライブ・アルバム『ジギー・マーリー・イン・コンサート』は、今年初めにレコーディングされたものだ。

自身のバンドについてジギーは、「即興演奏あり、エクステンドバージョンあり、良いグルーブありの申し分ない状態」と話しており、ライブ・アルバムを出すのにいいタイミングだと感じたようだ。

来年1月15日にCDの発売、およびiTunes以外での配信がスタートする同作には、彼の亡き父であるボブ・マーリーの「ウォー」や「イズ・ディス・ラブ」、ジギー自身の楽曲「ジャスティス」などが収録されている。

なお、ジギー・マーリーは、デズモンド・ツツ大司教、ビル・ゲイツ、俳優のジャッキー・チェンやアマンダ・ピート、NBAスタープレイヤーのパウ・ガソルなどが賛同する“ポリオ撲滅キャンペーン”に支持を表明し、活動を支援するチャリティ・アルバム『エンド・ポリオ・ナウ』に「パーソナル・レヴォリューション」を提供している。

また、彼の最初のグラフィック小説「マリファナマン」のショート・フィルム化と続編の執筆、さらに自然素材を使用した食品“ジギー・マーリー・オーガニックス”の製品化にも取り組んでいる。

Billboard Daily News 2012年12月21日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる