海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ラム・オブ・ゴッドのフロントマン、ファンの死亡で起訴される

ラム・オブ・ゴッドのフロントマン、ファンの死亡で起訴される


ラム・オブ・ゴッド

チェコ共和国の裁判所が、ラム・オブ・ゴッドのフロントマン、ランディ・ブライズを2010年にプラハで起きたファンの死亡について告発した。

同メタル・バンドのマネージャーは声明にて、ブライズは無実であり、裁判で自己弁護するためチェコの首都へ出向くことを発表した。

41歳のブライズは、2010年のコンサート中にあるファンをステージから突き飛ばしたことで告訴されている。
同男性はコンクリートの床に頭を打ち、2週間後に死亡したという。プラハ裁判所は、殺人あるいは傷害致死でブライズを起訴した。

「ラム・オブ・ゴッドのファンがバンドのパフォーマンス後に亡くなってしまったことは悲劇ではあるものの、その男性に怪我をさせ死なせてしまうような不適切なことをランディーがしたとは全く思わない」と語るマネージャーのラリー・メイザー。

「ショーを見るためのチケット料金は、観客へバンドのステージに立ち入る権利を与えたものではない」とも話している。

ブライズはコンサートの為にプラハを訪れていた6月27日に拘留されたが、その際、彼は逮捕状が出されていたのに気付いていなかったという。8月に保釈金を支払い解放されるまで5週間にわたり拘置され、その後はアメリカに戻っていた。

裁判所は公判期日を3か月としている。もしブライズが有罪判決を受けた場合、5〜10年の服役となるようだ。

なお、メタル・ニュースサイト“Blabbermouth”に全文掲載された声明の中でメイザーは、元パンテラのギタリスト、ダイムバック・ダレルが2004年のコンサート中に殺害された事件を引き合いに出し、ライブ中の攻撃的なファンにどう対処すべきかパフォーマー達に変化をもたらしたとしている。

「全てのジャンルのパフォーマー達は、パフォーマンス中にファンが引き起こす危険にもっと警戒しなければならない。あの日、ステージに殺到する多くのファンに対してランディーがとった対応は、プロフェッショナルなものだと思っている。パフォーマンス中のファンの様子は、ネット上に投稿されているビデオ映像でも確認できる」と話している。

ラム・オブ・ゴッドは現在、1月に米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”3位に初登場した6枚目のアルバム『レゾリューション』に伴うツアーの真最中だ。

Billboard Daily News 2012年12月5日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • G.W SALE!全品オフ!
  • アウトレットSALE
  • ビーチアイテム
  • GWスペシャルアイテム
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる