HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ガンズ、あの“発禁ジャケ”絵使用のポスターに非難の声

ガンズ、あの“発禁ジャケ”絵使用のポスターに非難の声


ガンズ・アンド・ローゼズ

ガンズ・アンド・ローゼズのラスベガス公演が、10月31日から11月24日までの4週にわたりハード・ロック・ホテル&カジノで開催されているが、そのPRキャンペーン広告ポスターが物議をかもし出している。

その広告には、“ウェルカム・トゥ・ラスベガス”の標識の下に、衣服が乱れ性的暴行されたと思われる女性が描かれている。

また、ガンズの代表ナンバー「パラダイス・シティ」をもじり、“ウェルカム・トゥ・サン・シティ(ラスベガス)”の“サン”を“パラダイス”へ書き直された看板もみられる。

郡政委員から注意を受けたこのアートワークには、レイプ・クライシスを訴える団体も、ドメスティック・バイオレンスを助長するもので被害者のトラウマにつながると非難している。

これを受け、主催者のハード・ロック・ホテル&カジノでは、不快感を与えてしまったことを謝る一方、デザインを変更し、広告を取り替えることを約束するステイトメントを出した。

なお、問題となった絵柄は、リリース直後にクレームが付き、差し替えられたデビュー・アルバム『アペタイト・フォー・ディストラクション』の、いわゆる“発売禁止ジャケット”に描かれていた絵とほぼ同じものであった。

Billboard Daily News 2012年11月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる