海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ダンス・ミュージックの祭典が来年は2倍の開催日に

ダンス・ミュージックの祭典が来年は2倍の開催日に


マドンナ

マイアミのベイフロント・パークで開催されるエレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典【ウルトラ・ミュージック・フェスティバル】が、来年は2倍に膨らむことになった。

フェスの主催者が発表したところによると、これまで3月の週末3日間で開催されていたものを、さらに次のもう1週末を追加するという。

【ウルトラ・ミュージック・フェスティバル】は、マイアミ・ミュージック・ウィークの中心的存在のイベントだが、開催15周年を迎える来年は、3月15日からの3日間に加え、中断をはさみ、再び22日から3日間繰り広げられることになった。

チケットは既にフェスティバルのウェブサイトより購入することができる。

開催日が倍増した背景には、ポジティブに受け取られるようになったダンス・ミュージックの隆盛と今年の大成功があるようだ。

ヘッドライナーを務めたデヴィッド・ゲッタをはじめ、オランダのダッチトランスを代表するDJ、アーミン・ヴァン・ブーレン、シカゴ出身のソロ・プロジェクト カスケードらのステージが人気を博したが、ハイライトはニュー・カマー アヴィチーのステージにマドンナが飛び入り参加した時だった。

マドンナはステージから、「エレクトロニック・ダンス・ミュージックは、歌手活動を始めてからずっと私の一部だったの。DJが私の人生を救ってくれたと言っても決して言い過ぎじゃないのよ」と聴衆に呼びかけ、喝采を浴びた。

Billboard Daily News 2012年10月30日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる