HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > カルヴィン・ハリス、新作でみせる過去作との違いとは

カルヴィン・ハリス、新作でみせる過去作との違いとは


カルヴィン・ハリス

米Hot 100で10週にわたり首位を獲得したリアーナのヒット曲「ウィー・ファウンド・ラヴ」のプロデューサー兼DJを務めたカルヴィン・ハリスが、3作目となるソロアルバム『エイティーン・マンス』を10月30日(日本では31日)にリリースする。

アルバムの収録曲は既にシングルとしてリリースされているものが多く、「ウィー・ファウンド・ラヴ」、Ne-Yoが参加した「レッツ・ゴー」そしてラジオでヒットしている彼のソロ「フィール・ソー・クローズ」を含め、大半はほとんどのファンに親しまれたものとなる。

ちなみに、次のシングルはフローレンス&ザ・マシーンのシンガー、フローレンス・ウェルチとのコラボ曲「スウィート・ナッシング」となるようだ。

他のコラボアーティストは、エリー・ゴールディング、タイニー・テンパー、ディジー・ラスカル、アヤ、そしてケリスはシングル「バウンス」でコラボしている。

4月にハリスは、もはやマイクの前に立ちたくないこと、そして全て彼が歌っていた以前のアルバム『レディー・フォー・ザ・ウィークエンド』(2009年)と『I Created Disco〜カルヴィン・ハリスのディスコ革命〜』(2007年)からの変化について米ビルボードに語っていた。

「僕はどのトラックも可能な限り良いものにしたい。それは僕にとっては“歌わない”ことなんだ。(前作で)全部出しきった感があるから、良いサウンドを作るのにすごく時間がかかる。だから僕はライブでも歌うことをやめた。もっと見栄えが良い人、もっと歌が上手い人、もっとうまく踊れる人を、それぞれの曲のフロントマンにしたいんだ」

なお、ハリスはつい先日、「フィール・ソー・クローズ」で【MTV Video Music Awards】の最優秀エレクトロニック・ダンス・ミュージック・ビデオ賞を獲得。また、ラスベガスで開催された【iHeartRadio Music Festival】にも出演していた。

『エイティーン・マンス』収録曲
1. グリーン・ヴァレイ
2. バウンス (feat. ケリス)
3. フィール・ソー・クローズ
4. ウィー・ファウンド・ラヴ (feat. リアーナ)
5. ウィール・ビー・カミング・バック (feat. イグザンプル)
6. マンション
7. アイロン w/ニッキー・ロメロ
8. アイ・ニード・ユア・ラヴ (feat. エリー・ゴールディング)
9. ドリンキング・フロム・ザ・ボトル (feat. タイニー・テンパー)
10. スウィート・ナッシング(feat. フローレンス・ウェルチ)
11. スクール
12. ヒア・トゥ・チャイナ w/ディリオン・フランシス(feat. ディジー・ラスカル)
13. レッツ・ゴー (feat. Ne-Yo)
14. アウーガ
15. シンキング・アバウト・ユー (feat. アヤ)

Billboard Daily News 2012年9月27日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる