HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ヒップ・ホップ界の長者番付発表! 1位はおよそ86億円のアノ人

ヒップ・ホップ界の長者番付発表! 1位はおよそ86億円のアノ人


ドクター・ドレー/ディディ/ジェイ・Z

ヒップ・ホップ界で一番成功している人物は? 
お金の面だけでみると、ドクター・ドレーがダントツで一番となるようだ。

フォーブスが発表した2011年度長者番付の“ヒップ・ホップ”ジャンルによると、ドクター・ドレーがトップで2位を大きく引き離し、1億1000万ドル(約86億円)を稼いでいる。

ヒップ・ホップ界に革命をもたらしたアルバム『ザ・クロニック』や『2001』の印税に加え、スヌープ・ドッグや2パックを世に送り出すと共に、エミネムのプロデューサーとして、またビジネスマンとして活動を続けており、さらには人気商品である彼のヘッドフォン&スピーカー“ビーツ・バイ・ドレー”の収入なども貢献しているようだ。

なお、ウェスト・コーストのドレーと対立するディディ(パフ・ダディ)が4500万ドル(約35億円)で2位に入っている。
彼自身もプロデューサーとして活躍する一方、ウォッカなど音楽業界外での収入が貢献している。

また、3位には先週末フィラデルフィアでの【バドワイザー・メイド・イン・アメリカ】フェスティバルを成功させたばかりのジェイ・Zが、3800万ドル(約30億円)でランクイン。

音楽活動以外に、ビール会社や電池メーカー(デュラセル)とのスポンサーシップ契約、さらにカニエ・ウェストと共同主催するマンモス・ツアー【ウォッチ・ザ・ソーン・ツアー】からの収入が大きい。

ちなみに、4位はそのカニエ・ウェストで、本業のほかプロダクション印税、そして彼の場合、ファッション業界からの収入が大きなシェアを占めており、ナイキと契約しているシューズや女性服ブランドからの収入も含め3500万ドル(約27億円)ある。

また5位には2700万ドル(約21億円)でリル・ウェイン、6位は2050万ドル(約16億円)でドレイクがランクイン。
以下、7位ブライアン“バードマン”ウィリアムス、8位ニッキー・ミナージュ、9位エミネム、10位リュダクリスの順となっている。

Billboard Daily News 2012年9月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる