海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ロンドン・オリンピック開会式、英国流のシニカルな選曲も

ロンドン・オリンピック開会式、英国流のシニカルな選曲も


ポール・マッカートニー

「これはコンサートじゃないんだ。オリンピックだよ!」と、開会式のダニー・ボイル総監督。

27日に開催されたロンドン・オリンピック開会式は、まさにイギリスを象徴する“ブリティッシュ・ミュージック”のオン・パレードとなった。

シンガー・ソングライターのビリー・ブラッグは、ツイッターで「北京の開会式は印象的だった。でも、彼らには演奏すべき偉大なポップ・ミュージックが1曲もなかった」と誇らしげに語っている。

ザ・フー、クラッシュ、マイク・オールドフィールド、ザ・ジャム、ザ・ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、デヴィッド・ボウイ、クイーン、エリック・クラプトン、ユーリズミックス、ブラー、ピンク・フロイド、ザ・ビートルズ、と、ブリティッシュ・ロックを彩ってきた数多くのアーティストたちによる名曲がまさに目白押し。

ボイルは音楽監督にアンダーワールドを起用し、シニカルでウィットに富んだ、イギリス人らしくエッジの効いた選曲となったが、驚きの一つはセックス・ピストルズの「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」が演奏されたこと。

王室を批判した同曲でさえ、イギリス音楽史の1曲としてリストに加わったのだ。
ただ、女王に敬意を払い、演奏されたのはエリザベス2世が入場する前だった。

また、204か国チームが行進した際にも、ペット・ショップ・ボーイズからアデルまで数多くの曲が採用され、イギリス・チームが入ってきた時にはボウイの「ヒーローズ」が、また花火の演出時にはピンク・フロイドの曲が流れた。

そして、ビートルズの「ジ・エンド」と共にポール・マッカートニーが登場し、続く「ヘイ・ジュード」の大合唱は、この豪華なロンドン・オリンピック開会式にもっとも相応しいフィナーレとなった。

Billboard Daily News 2012年7月30日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 売りつくしSALE開催中!
  • こども服全品セール開催中!
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる