HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ジャスティン・ビーバー、観客の悲鳴で訴えられるはめに

ジャスティン・ビーバー、観客の悲鳴で訴えられるはめに


ジャスティン・ビーバー

コンサートの大音響は耳を傷める危険性がある。
ただ、来日したばかりのジャスティン・ビーバーにとって災難(?)となったのは、オーディエンスの大歓声と悲鳴だった。

オレゴン州ポートランドのステイシー・ウィルソン・ベッツさんが、2010年子供に付き添ってジャスティン・ビーバー公演に行ったところ、大歓声で治療困難な難聴になったとして、923万ドル(7億3840万円)の訴訟を起こしたのだ。

訴訟によると、サウンドは問題ではなく、ファンの叫び声、さらにジャスティンがそれを煽る行為が原因となり、耳鳴りのため眠れなくなったという。

ハート形のゴンドラに乗ったジャスティンが登場した時、事態は最悪となり、様々な場所を彼が指し、手を差上げ激しく振ることで、凄まじい歓声が沸き起こったそうだ。

訴訟には彼だけでなくレコード会社、コンサート会場、コンサート・プロモーターも含まれているが、1000万ドル近い、その高額な訴訟金額に驚く。

ちなみに、ジャスティンは最近フォーブスの長者番付で、30歳以下のエンタテイナー部門に登場しており、今年5月までの1年間に稼いだ金額は5500万ドル(44億円)と推測されている。

Billboard Daily News 2012年7月17日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • 海外発送
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 対象アイテム70%オフ
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる