HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 少女時代が日本市場で首位。アメリカからみるK-POP競争とは

少女時代が日本市場で首位。アメリカからみるK-POP競争とは


少女時代

ガールズ・ジェネレーションが確実に世界進出の歩みを進めており、日本では最新シングルがヒット。
日本語で“少女時代”と呼ばれる彼女たちの「PAPARAZZI」は、先週ジャパンHOT100で初登場1位を果たした。

サウンドスキャン・ジャパンによると、日本市場に向けたエネルギッシュな同ナンバーは10万3000枚のセールスを記録しているという。

これまでのガールズ・ジェネレーションのセールス最高記録は「Gee」の20万7000枚だが、「PAPARAZZI」はすでにダウンロードを含めると64万5000枚(回)に達しているとのこと。

一方、アルバムにおいても最近、トータルで100万枚の大台を突破。
『少女時代』の71万5000枚をはじめ、トータルで108万1000枚をマークしている。

Kポップのガールズ・グループが豊かな日本のマーケットでは、他にもKARA、2NE1、アフタースクールといったグループがそれぞれ成功を収めているが、その中でガールズ・ジェネレーションはリーディング・ポジションをさらに固めたようだ。

一方、アメリカでは最新シングル「ライク・マネーfeat.エイコン」でさらなる注目を集めている人気韓国グループ、ワンダー・ガールズも日本進出プランを先頃明らかにしており、Kポップ・ガールズ・グループの競争がますます激化しそうだ。

現時点ではガールズ・ジェネレーションがNo.1のポジションを楽しんでいる。

Billboard Daily News 2012年7月13日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる