海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 最もヒドかった米国歌斉唱“ワースト10”を勝手にチョイス!

最もヒドかった米国歌斉唱“ワースト10”を勝手にチョイス!


キャット・デルーナ

アメリカではイベントのオープニング・セレモニーでアメリカ国歌「星条旗よ永遠なれ」が歌われることが多い。

それが国民みんなが関心のあるイベントとなれば、歌うシンガーにとっても栄誉になると同時に、歌手キャリアに大きなステップが刻まれることになる。

もちろん、それだけに成功は不可欠であり、歌手にとっては一種のストレスともなってキーを外したり、歌詞を忘れたり、さんざんな結果にもなりかねない。

そこで、ビルボードでは勝手にこれまでの主な国歌斉唱の中からワースト10を選んだ。その反対に、ホイットニー・ヒューストンやマーヴィン・ゲイなど、今も語り継がれる名演も数多く、ベスト5も発表しておくのでお耳直しに。

▼ワースト10(カウントダウン方式)
10位:ケリ・ヒルソン、2010年
9位:ジョッシュ・グローバン、2010年
8位:クリスティーナ・アギレラ、2011年
7位:R.ケリー、2005年
6位:スティーヴン・タイラー、2012年
5位:アーロン・ネヴィル、2006年
4位:スコット・スタップ、2005年
3位:マイケル・ボルトン、2003年
2位:ロザンヌ・バー、1990年
1位:キャット・デルーナ、2008年

明るい将来が期待されるニューカマーのキャット・デルーナ。ダラス・カウボーイズのフットボールの試合前に歌った国歌斉唱だが、歌はデコボコするローラーコースターのように上下し、歌詞も半分は忘れてしまった挙句、最後は観衆のブーイングで終わった。

ビルボード・チャートNo.1も獲得しているドミニカ出身の彼女にとって、さぞ辛い経験になっただろう。

▼ベスト5(1位から)
1位:ホイットニー・ヒューストン、1991年
2位:ジミ・ヘンドリックス、1969年
3位:キャリー・アンダーウッド、2006年
4位:マーヴィン・ゲイ、1983年
5位:ビヨンセ、2006年

Billboard Daily News 2012年7月4日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE
  • GUESSオープン告知
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • LINEスタンプ
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる