海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 米3大ロック・フェスの一つ、税金の逆風で開催危機へ

米3大ロック・フェスの一つ、税金の逆風で開催危機へ


キュアー/レディオヘッド

アメリカの3大ロック・フェスに数えられる【コーチェラ・ヴァリー・ミュージック&アート・フェスティヴァル(コーチェラ・フェス)】が開催の危機に面している。

アメリカ西海岸のロック・フェスとして1999年、コロラド砂漠の一角にあるインディオでスタートしたコーチェラ・フェスだが、常連のキュアーやレディオヘッドのほか、マドンナやポール・マッカートニー、最近ではジェイ・Zやパブリック・エナミーも参加する総合ミュージック・フェスに発展。この4月にも3日間にわたる野外フェスを大成功裏に終了している。

問題はインディオ市が2500人以上のエンターテイメント・イベントに特別入場税をかけようとしていることで、開催者のゴールデンヴォイスによれば、特別入場税が施行されると、チケットの値段が36ドル(およそ3000円)近くも跳ね上がってしまうという。

ゴールデンヴォイスはこの3月に開催場所である”エンパイア・ポロ・クラブ”の倍以上の周辺土地を買う予定であることを明らかにしたが、もちろん交渉は中断。

「これまで毎年、何百万ドルの税金を市に払ってきたのに何故? 2014年からはインディオ市以外の土地で開催するよう話を進めている」とコメントしている。

2013年に関してはとりあえず、これまで通り開催する予定で、日程も4月12日〜14日、もしくは4月19日〜21日にスケジューリングされているという。

Billboard Daily News 2012年7月4日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 全品SALE
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる