海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > 大手レコード会社の買収に反対の声

大手レコード会社の買収に反対の声


ホアキン・アルムニア

ユニバーサル・ミュージックによるEMI音楽部門の買収に対して、欧州委員会が反対の意向を示した。

欧州委員会のコンペティション/公正競争担当であるホアキン・アルムニア委員によると、欧州連合の競争と消費者保護法に基づき、この買収についていくつかの意見リストを用意しているという。

8日朝、スイスでアルムニア委員が語ったところによれば、「すでに寡占化が進むマーケットで消費者やアーティストたちの利益を害する恐れがある」とし、昨年11月に発表された買収に関する承認審議は新しいプロセスに移っているそうだ。

この9月6日を最終日に結論を出す予定だが、音楽業界や消費者団体から反対の意見が沸き起こっており、音楽ビジネスの硬直化が進み、買収によりユニバーサルは2位となるレコード会社の2倍の市場規模を有することになる結果、競争を阻害し値上げの要因を作り出す懸念が示された。

「カタログ規模がポイントで、もし寡占化でカタログが限定されれば、ユーザーは他のものを選ぶようになるだろう」とのこと。

一方、ユニバーサルでは「このような問題で欧州委員会が反対の意向を示すのは良くあることで、声明文を受け取ってからよく吟味し対応、欧州委員会とも緊密な連絡を欠かさず、承認獲得を目指していきたい」としている。

Billboard Daily News 2012年6月12日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円
  • 楽天ペイ ポイント10倍!
  • こども服全品SALE
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる