HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ジョン・メイヤー、新作『ボーン・アンド・レイズド』楽曲解説

ジョン・メイヤー、新作『ボーン・アンド・レイズド』楽曲解説


ジョン・メイヤー

ジョン・メイヤーは過去に多くの舌禍を起こしてきたが、音楽にはなんの問題もなく、5枚のアルバムはすべてビルボード200のトップ10入りを果たしている。しかし、最新作『ボーン・アンド・レイズド』をサポートするライブは当面なさそうだ。

現在肉芽腫で喉を病んでいる彼は予定されていた春のコンサートをキャンセルしている。
以下は彼のもっとも多様で実験的なアルバムの1枚を曲ごとに解説したものだ。

「クイーン・オブ・カリフォルニア」ニール・ヤングやジョニ・ミッチェルなどが引用された優しいアコースティックのオープニング曲。70年代のカリフォルニアから出てきたかのよう。

「ジ・エイジ・オブ・ウォリー」アコースティックからアンセムのようなケルト風の曲になっていく。安らぎを求める気持ちが歌われる。

「シャドウ・デイズ」アルバムからの1STシングルは自分の過失を認め、悔恨の思いが歌われたメロウなサザン・ロック。

「スピーク・フォー・ミー」カリフォルニアから一転してリンジー・バッキンガムっぽい鳴り渡るギターと優しくも生き生きした雰囲気の曲に。

「サムシング・ライク・オリビア」ジム・ケルトナーのドラムがザラザラしたグルーヴを加えているものの、スムーズで緩くてソウルフル。チャック・リーヴェルのオルガンのおかげで教会のような雰囲気も。

「ボーン・アンド・レイズド」オープニングのハーモニカでディランっぽい感じに。グレッグ・レイズのラップ・スティール、デヴィッド・クロスビーとグラハム・ナッシュのボーカルがフィーチャーされている。

「イフ・アイ・エヴァー・ゲット・アラウンド・トゥ・リヴィング」アルバム中もっとも長い曲で、彼は17歳の頃を夢想している。

「ラヴ・イズ・ア・_ヴァーブ」どことなくカーティス・メイフィールドの「ピープル・ゲット・レディ」のヴァイブを思わせる曲。

「ウォルト・グレイスズ・サブマリン・テスト、ジャヌアリー・1967」マッド・サイエンティストに関する空想がテーマ。クリス・ボッティのトランペットや、リズムのパターンが聞き物。

「ウィスキー・ウィスキー・ウィスキー」ハーモニカとピアノと繊細なギターに乗って、酔っぱらって二日酔いになりひとり目覚めることが歌われる。

「ア・フェイス・トゥ・コール・ラヴ」歌とバイオリンにサラ・ワトキンスを迎えたアルバム中もっとも甘くてポップな曲。

「ボーン・アンド・レイズド(リプライズ)」短くなったカリフォルニア・スタイルのカントリー&ウェスタン。

Billboard Daily News 2012年5月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる