海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > テネイシャスDが全米アルバム・チャートで初登場Top 10入りが...

テネイシャスDが全米アルバム・チャートで初登場Top 10入りが濃厚に


テネイシャスD

5/23(水)の朝に発表される最新の全米アルバム・チャートは、アダム・ランバートの新作『トレスパッシング』が初登場No.1を獲得する可能性が確実視されているが、そのほかにも多く作品がTOP 20入りを果たすと予測されている。

業界筋によると、ランバートの『トレスパッシング』は5/20(日)締めの週間売り上げで、発売初週で80,000〜90,000枚程度の売り上げに落ち着くものと見られている。しかし他に大物作品のリリースもなかったことから、熾烈な競争に巻き込まれることなくあっさりと初登場No.1を達成すると見られている。

そしてランバートに続いて2位にランク・インするのは、週間売り上げ60,000〜70,000枚と予測されているアデルの『21』という線が濃厚だ。

そんな中、俳優のジャック・ブラックとカイル・グラスによるコメディー・ロック・デュオ、テネイシャスDの新作『ライズ・オブ・ザ・フェニックス』が注目されている。このアルバムは彼らにとって2006年の『ザ・ピック・オブ・ディステニー』のサウンドトラック以来となる作品で、週間売り上げ40,000〜50,000枚で初登場Top 10入りを果たす可能性が高いと見られている。

また、FOXの人気ドラマ『GLEE』の最新サウンドトラック『GLEE, THE MUSIC: SEASON THREE – THE GRADUATION ALBUM』も週間売り上げ40,000〜50,000枚で初登場TOP 10入りがほぼ間違いなさそうだ。

とはいえ、ライヴ映画版のサントラを除く過去10枚の『GLEE』関連のフル・サウンドトラック・アルバムとしては過去最低の発売初週売り上げになりそうで、これまでの最低記録だった昨年12月リリースの『GLEE, THE MUSIC: SEASON 3 – VOLUME 7』の58,000枚を下回りそうだ。

そして2007年を最後に全米アルバム・チャートから姿を消していたロック・バンド、ガービッジがチャート復帰を果たすことが確実で、2005年の『ブリード・ライク・ミー』以来となる最新スタジオ・アルバム『ノット・ユア・カインド・オブ・ピープル』が発売初週売り上げ20,000枚で高ポジションからのスタートとなりそうだ。

しかし、このガービッジと共に初登場でTOP 10入りするかどうかギリギリで争いそうなのが、ビーチ・ハウスの4作目のスタジオ・アルバム『ブルーム』で、どちらのアルバムも11位〜20位圏内に落ち着くというのが堅実な線と見られている。

Billboard Daily News 2012年5月21日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • GUESSオープン!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる