HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ケニー・ロジャースがワーナー・ブラザーズと長期契約を締結

ケニー・ロジャースがワーナー・ブラザーズと長期契約を締結


ケニー・ロジャース

ワーナー・ブラザーズ・レコードは5/10(木)、シンガーのケニー・ロジャースと長期アーティスト契約を締結したと発表した。

ロジャースは、キャリア初期の1967年から長年に渡って同レーベルに所属していたことがあり、今回の契約締結で古巣へ戻る格好となった。

この正式発表に先立ち、ロジャースはソールドアウトとなったナッシュヴィルでの2日間公演の初日にあたる5/9(水)のステージで、すでにワーナーと契約することを自らファンに公言していた。ちなみにロジャースの次のアルバムはダン・ハフのプロデュースのもとで制作が進められており、年末までにはリリースされることになりそうだ。

今年3月、ロジャースはライオネル・リッチーと共にSXSWで開催されたビルボードのショー・ケースに登場。
リッチーの最新アルバム『タスキーギ』には、2人でデュエットしたロジャースの大ヒット曲「レイディ」が収録されている。

ワーナー・ブラザーズ/リプライズ・レコードには、長年に渡るロジャースのアルバムとシングルが多数カタログとして存在しており、その中には1967年にザ・ファースト・エディションのメンバーとして彼が最初に放ったヒット曲「ジャスト・ドロップト・イット(トゥー・シー・ホワット・コンディション・マイ・コンディション・ワズ・イン)」も含まれている。

この曲はコーエン兄弟が制作したカルト・ヒット映画『ザ・ビッグ・リボウスキー』でフィーチャーされ、リバイバル・ヒットとなった。

今回の契約締結についてロジャースは、「長い年月を経て、またワーナー・ブラザーズ・レコードに戻れることを心待ちにしている。僕とワーナーは、驚くほどのチームワークで共に素晴らしい歴史を作り上げた過去があり、これからまた新たな関係を築いて前進していきたいと願っている」とコメントしている。

その独特なストーリーテリング能力とソウルフルな歌声によって、ロジャースの音楽はジャンルを越えたすべての音楽ファンの心を掴んできた。

ワーナー・ミュージック・ナッシュヴィルの社長/最高経営責任者のジョン・エスポジトは、ロジャースが輝かしい音楽キャリアを誇るアーティストであると共に“アメリカの象徴的存在”であるとコメントし、再び仕事を共にできることをうれしく思っていると語っている。

Billboard Daily News 2012年5月11日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる