HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ビースティー・ボーイズのMCAの死にパブリック・エナミーのチ...

ビースティー・ボーイズのMCAの死にパブリック・エナミーのチャック・Dが涙のコメント


パブリック・エナミー

今から25年ほど前、パブリック・エナミー(PE)は初のツアー敢行にあたってビースティー・ボーイズに助けられたという経緯があり、そのことをメンバー全員が決して忘れたことはないとチャック・Dが語った。

5/4(金)、ビースティー・ボーイズの“MCA”ことアダム・ヤウクの死を受けて、チャック・Dは「俺は昨晩、PEの25年の歴史において80回目となるツアーをスタートするために、14時間かけてL.A.からオーストラリアのシドニーへ移動した。そして飛行機が現地へ着陸するなり、アダムの死を伝えるニュースが届いた」とコメントし、次のようなメッセージを続けて記した。

「アダムとビースティーのメンバーは、今からちょうど25年と79時間前、俺たちを招集して初のツアーを実現させてくれた。ビースティーは、まさにPEの結成から今に至るまでの“真髄”ともいえる存在であり、特にアダムは当初から俺たちに信じられないほどのサポートをしてくれた。この前の“ロックの殿堂入り”の式典にも、俺を招いてくれたほどだ。俺は自分のことを強い男だと思っているし、父親からも“今後50年のあいだに、多くのものを失うことを覚悟しておけ”と教えられてきた。でも飛行機を降りた今、俺の目から涙は消えない。アダムことMCA、どうか安らかに眠ってくれ」。

金曜日に他界したMCAに対しては、ヒップホップ界の多くのスターたちからコメントが寄せられ、ビースティー初期のコラボレーターの1人だったレヴ・ランは、MTVを通じて次のような想い出を語った。

「数年前、俺はMTVの『ランズ・ハウス』の撮影に携わっていた連中何人かと、ブルックリンで行われたビースティーのショーに出掛けた。そして『ノー・スリープ・ティル・ブルックリン』の直前、俺はステージに出て行ってオーディエンスに手を振ったんだ。ビースティーとは何年にも渡って多くの仕事をしてきたし、彼らとの間に生まれた愛は永遠に生かし続けたいと願っている。俺から彼らに捧げたいものは、心からビースティーを愛していると伝えること、そして彼らがヒップホップ・カルチャーに与えてくれた影響力への感謝だ。彼らが作り上げたものは、まさに伝説なんだ」。

Billboard Daily News 2012年5月7日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる