HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ジェイソン・ムラーズ、ライオネル・リッチーからNo.1の座を...

ジェイソン・ムラーズ、ライオネル・リッチーからNo.1の座を奪えるか?


ジェイソン・ムラーズ

来週の全米アルバム・チャートは、先週に引き続きライオネル・リッチーが首位の座をキープするか、あるいはジェイソン・ムラーズが初登場No.1でリッチーからトップの座を奪取するか、熾烈な争いが続いている。

またTOP 10入りに向けて、ロック・バンドのトレインとラッパーのフューチャーが堅調な歩みを見せている点にも注目だ。

ムラーズの『ラヴ・イズ・ア・フォー・レター・ワード』とリッチーの『タスキーギ』は、ともに今週のセールスが10万枚〜11万枚で着地すると見られており、どちらがNo.1になるか予測が困難な状況が続いている。

仮にムラーズが首位を獲得した場合、彼にとっては初の全米No.1アルバム誕生となる。
ちなみにこれまでの最高位は、2008年のアルバム『ウィ・シング。ウィ・ダンス。ウィ・スティール・シングス。』の3位だった。

そして一方のリッチーは、先週129,000枚もの週間セールスをあげて4位から一気にNo.1を獲得しており、この熾烈なNo.1争いの結果は4/25(水)の朝の発表までもつれ込みそうだ。

また、初登場でTOP 10入りを果たしそうな注目株としては、トレインの『カリフォルニア 37』とラッパーのスタジオ・デビュー作『プルート』の2アルバムがある。

トレインの初週売り上げは7万枚ほどになると予測され、おそらく4位〜5位あたりに落ち着くものとみられる。
この読みが現実になれば、彼らにとって最高位でのチャート・インとなり、2001年の『ドロップ・オブ・ジュピター』と2003年の『マイ・プライベート・ネーション』の初登場6位という記録を塗り替える。

ちなみ2009年の前作『セイヴ・ミー・サンフランシスコ』の発売初週売り上げは27,000枚で、チャート初登場17位と振るわなかった。

そして発売初週売り上げが3万枚〜4万枚と予測されているラッパーのフューチャーは、2010年から数多くのミックステープをリリースしており、8曲ものヒット・シングルがHOT R&B/HIP-HOP SONGS CHARTにランク・インした実績を持ち、そのうちの2曲「ラックス」と「マジック」は、それぞれ6位と10位というTOP 10ヒットとなっている。

Billboard Daily News 2012年4月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる