海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ジョーン・オズボーン、ブルースやソウルの初心に返った新作...

ジョーン・オズボーン、ブルースやソウルの初心に返った新作を発表


ジョーン・オズボーン

ジョーン・オズボーンの最新作『ブリング・イット・オン・ホーム』にはシンガーにとってどこか「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的なところがあるという。

ブルースやソウルのカバーが多く収められていることもその理由のひとつだが、そうした歌にまつわる思い出が彼女を自分の音楽的ルーツに引き戻すからだ。

「私はブルースやソウル、R&Bの歌をどうやって歌うか学ぶことからスタートしたの。最初の頃私が真似しようとしていたのは、エタ・ジェームス、オーティス・レディング、ティナ・ターナー、マディ・ウォータースだった。あんな人たちみたいに歌いたかったの。こういうことを20年もやってきて、一巡りしてまた同じ音楽に戻ってきた感じね。それってちょっと面白いわ。自分の声が変化して、成長し、もっとよくなったって気がする。20代の頃にはなかったものが今はあるの。こういうマテリアルにまた取り組むのはクールだったわ」

とはいえ「シェイク・ユア・ヒップス」や「アイ・ドント・ニード・ノー・ドクター」のような歌をカバーするのは「すごくビビッたわ。自分自身をさらけ出すしかないから。自分の声に合ったやり方を見つけて、面白いものに仕上がったと思う」と彼女は言う。

オリジナルを越えるというプレッシャーはなかったという。不可能だからだ。

「マディ・ウォータースの曲で本人を打ち負かしたいとは思わない。そんなのムリよ。だけど、その歌を違うやり方で解釈することはできる。“アイ・ウォント・トゥ・ビー・ラヴド”では女性の視点で歌って、もうちょっと女性のエネルギーを感じさせるように官能的にしてみたの。リスナーは何か新鮮なものを感じられるんじゃないかな」

人生経験もものを言ったと思っている。
「大切なのは理論じゃなく、実体験なのよ。21歳でこういう歌を歌ったら、いろいろ想像しながら歌うことになっただろうけど、今はそういう状況ならどんな気分になるかよくわかる。歌がもっと深く理解できるの。内面が深まるほど、歌を解釈する能力は豊かになるのよ」

ブルースとソウルのカバーのレコードを作るという企画を提案したのは彼女のレーベル、サグアロ・ロードだった。
レーベルと彼女の連携はうまくいった。

「彼らはこういう仕事をよくやって慣れていたし、私に自由にやらせてくれた。しかもちゃんとサポートしてくれたし。感謝してるわ」

春はツアーに出て新作の曲をファンに披露する。
「ライブでプレイして楽しい音楽なの。今までやったショーではみんな立ち上がって手拍子を打ってくれたわ」

Billboard Daily News 2012年4月18日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ
  • 対象TOPSが30%OFF!
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる