HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > マイケル・ブーブレがカナダ版グラミー、ジュノ・アウォード...

マイケル・ブーブレがカナダ版グラミー、ジュノ・アウォードで アルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得


マイケル・ブーブレ

マイケル・ブーブレのクリスマス・アルバムがアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得、ヘッドレーが初受賞を果たし、マーティン・ソルヴィーグ&ドラゴネットの「ハロー」がダンス・レコーディングでデッドマウスを打ち負かし、ファイストがアーティスト・オブ・ザ・イヤーとなった。

カナダ人の愛するブルー・ロデオが殿堂入りを果たし、昨年は無名のインディー・バンドだったシープドッグスがファイストと並ぶ最多受賞に輝いた。以上が41回ジュノ・アウォードのハイライトだ。

41のカテゴリーの大部分は土曜夜のプライベートなガラ・ディナーで手渡された。残る7つの賞の受賞の模様は、今夜のオタワ・スコティアバンク・プレイスからのテレビ生中継で、聴視料を払った12,000人を越す観客に届けられた。

TV番組の司会はウィリアム・シャトナー。『スター・トレック』で有名な俳優は81歳ながら、オープニングでステッペンウルフの「ボーン・トゥ・ビー・ワイルド」などのカナダの歌のメドレーを流しながら語った。

最初に受賞したのはソングライターで、シティ・アンド・カラーのダラス・グリーン。
彼はのちにアコースティック・ギターの弾き語りで「ザ・グランド・オプティミスト」を披露した。
ファン・チョイス賞を受賞したジャスティン・ビーバーやアルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞したブーブレはその場にいなかった。

他に欠席したのはオーストラリアでジョン・フォガティとツアー中のシープドッグスだった。
彼らはシングル・オブ・ザ・イヤー(「アイ・ドント・ノウ」)、新人賞、ロック・アルバムを獲得した。

ライブ・スポットで登場したのはニッケルバック、ヘイ・ロゼッタ!、カーリー・ラエ・ジェプセン、アリッサ・リード、JRDN、ミア・マルティナ、シンプル・プランなどだった。ヘッドレーも「ワン・ライフ」をプレイした。

彼らは2006年以来18回もノミネートされてきたが、昨夜初めて2冠に輝いた(「パーフェクト」のビデオとポップ・アルバム・フォー・ストームス)。ファイストは「ザ・バッド・イン・イーチ・アザー」をパフォーマンスした。

彼女はデッドマウスやドレイク、ブーブレ、シティ・アンド・カラーを抑えてアーティスト・オブ・ザ・イヤーを獲得したことにショックを受けていた。

サラ・マクラクランがブルー・ロデオをカナディアン・ミュージック・ホール・オブ・フェイムの殿堂入りを手伝い、「ロスト・トゥギャザー」の演奏にも参加した。
このバンドは28年のキャリアの中で何百万枚ものアルバムを売っている。

Billboard Daily News 2012年4月3日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる