海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ゲーム、『ビハインド・ザ・ミュージック』で50との論争を語る

ゲーム、『ビハインド・ザ・ミュージック』で50との論争を語る


ゲーム

2005年に始まったゲームと50セントのラップ論争はいまだにゲームのキャリアに「取り憑いている」という。

3/22、夜にプレミアされるVH1の『ビハインド・ザ・ミュージック:ゲーム』で、50セントがゲームの歌を書いたと主張したのちにいかに関係がお かしくなってしまったかについて深く語った。「50はオレの歌なんて書いちゃいなかった。

あれはたんなる彼のエゴさ。アフターマスというチームの性格上そういうものが浮かび上がってきたんだ」とゲームは言う。
「オレだって『よお、オレがゲット・リッチ・オア・ダイ・トラインのこの歌を書いたんだぜ』って言うことは簡単にできた。チームの作品だったんだから」

ゲームはいかに50セントやGユニットに対する怒りがひとつのムーブメントになったかを続けて説明する。
「300バーズを書いたとき、オレは怒っていて、Gユニットにブランドとして、レコード・レーベルとして、グループとして死んでもらいたいと思っていた?『おまえはレコードを売るけど、G-G-G-ユーノット(ユニットに引っかけて。おまえは違う)』っていう箇所があるんだ。それはみんな比喩だったのさ。だけど、自分が何を作り出したのか気づいていなかった。次に気がつくとファンたちは『G-G-G-ユーノット』と叫び始め、そういうTシャツを作り始め、ムーブメントはオレより断然大きくなってしまったんだ」

今夜のゲーム主演『ビハインド・ザ・ミュージック』の予告編をチェックしよう。
3月初旬、ゲームはすでに新しい音楽に取り組んでいると語っていた。

彼は現在5THスタジオ・アルバム『FIVE:フィアー・イズ・ヴィクトリーズ・エヴォルーション』の仕事をしており、今月末までにミックステープ『カリフォルニア・リパブリック』をリリースする予定だ。

スタジオに入りながらもゲームは最新アルバム『R.E.D.アルバム』のプロモーションを続けている。
3/21ゲームはケンドリック・ラマーがアシストしたビデオ「ザ・シティ」を発表したばかり。

Billboard Daily News 2012年3月23日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 楽天ペイ
  • 全品SALE
  • OUTLETアイテムMAX70%
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる