HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ホイットニー・ヒューストン、ネットのビデオ・プレイ数が4,5...

ホイットニー・ヒューストン、ネットのビデオ・プレイ数が4,523%増


ホイットニー・ヒューストン

ネクスト・ビッグ・サウンドによると、先週故ホイットニー・ヒューストンのビデオがユーチューブとヴェーヴォでプレイ・カウント4,523%増の人気となった。2/20までの一週間でカウントは868,000プレイから4020万に上昇した。

2/12に亡くなった彼女はビルボードのソーシャル50チャートでも12位から2位に上昇。このチャートはユーチューブ、ヴェーヴォ、ツイッター、マイスペース、Iライクなどで一週間の友だち/ファン/フォロワーやページ・ビューや歌のプレイ回数を使ってもっとも人気のアーティストをランク付けしている。

その他、このチャートでは2/12のグラミー賞にフィーチャーされた多くのアーティストが上昇した。

ケイティ・ペリーが13位から9位、レディ・ガガが15位から13位、リル・ウェインが22位から14位、ブルーノ・マーズが24位から15位、テイラー・スウィフトが23位から16位とアップし、グラミーでパフォーマンスを行なったコールドプレイが33位、デッドマウスが40位にリエントリーした。

1位は相変わらずアデルで、ヴェーヴォ/ユーチューブのプレイが116%、フェイスブックの友だちが62%アップした。

その他のトップ10はニッキー・ミナージが3位、リアーナが4位、マイケル・ジャクソンが5位、ジャスティン・ビーバーが6位、デヴィッド・ゲッタが7位、シャキーラが8位、クリス・ブラウンが10位だった。最大の下降はマドンナの5位から31位。

彼女はフェイスブックの友だちが23%、ユーチューブのビューが80%ダウンした。しかし驚くにはあたらない。
過去2週間のチャート成績が2/12のスーパー・ボウルのハーフタイム・ショーでのパフォーマンスの影響によるものだったからだ。

今やスーパー・ボウルは過去の出来事となり、ディーヴァをトップ10にとどめておくほどの社会的な騒ぎは起こっていないのだ。

Billboard Daily News 2012年2月27日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる