海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ヴァン・ヘイレン、ツアー・スタート。エディが大活躍!

ヴァン・ヘイレン、ツアー・スタート。エディが大活躍!


ヴァン・ヘイレン

クール&ザ・ギャングのロバート・“クール”・ベルはパレス・オブ・オーバーン・ヒルズのソールドアウトの観客にパーティの準備はできているかと尋ねた。それから、ヴァン・ヘイレンへの準備は? そしてデヴィッド・リー・ロスへの準備は?と尋ねた。

しかし、真の質問はエディ・ヴァン・ヘイレンへの準備はできているかどうかだ。そう、そして2/20夜の観客の答えは「イエス!」だった。ロスはバンドの愛想のいい道化役だが、ヴァン・ヘイレンはデビューから34年経ってもバンドの目玉商品だ。

新しいツアーの2日目でまだ不完全な面はあったが、ヴァン・ヘイレンはどんなスペシャル・エフェクトよりも素晴らしく、巧みな正確さで、驚くべき速弾きと味わい深い雰囲気を混ぜ合わせたプレイを披露した。

1時間50分のショーの見せ場は「ミーン・ストリート」、「ダンス・ザ・ナイト・アウェイ」、「アンチェインド」、「ビューティフル・ガールズ」、「エイント・トーキン・バウト・ラヴ」でのヴァン・ヘイレンのギター・プレイだった。

彼は1984年のヒット「アイル・ウェイト」のシンセサイザーのフックを荒っぽいギター主体のアンセムに変えてしまった。
22曲のセットは名曲満載で、観客は立ちっぱなしでヴァン・ヘイレンのウォームアップ・ライブを見守っていた。

これは4年ぶりのツアーで、1984年以来初めてロスを迎えた新曲を携えての初ツアーでもある。グループはしっかりリハーサルし、ステージでもタイトだったが、特にロスは自意識過剰になりすぎて、あのスムーズで本能的な領域には到達していなかった。
背後の巨大スクリーンが曲を順番通り進めるのを手伝ってはいたが。

新作『ア・ディファレント・カインド・オブ・トゥルース』からはシングル「タトゥ」、ポップ・フレイバーの「ザ・トラブル・ウィズ・ネヴァー」、「ウーマン・イン・ラヴ」、「ガール・ゴーン・バッド」の4曲が披露された。

また、ファンのお目当ての「ユー・リアリー・ガット・ミー」、「ラニン・ウィズ・ザ・デヴィル」、「エヴリバディ・ウォンツ・サム!!」、「サムバディ・ガット・ミー・ア・ドクター」、「パナマ」そしてラストの「ジャンプ」などがたっぷり演奏された。

アレックス・ヴァン・ヘイレンは彼ならではの轟くようなドラム攻撃を提供し、まだ20歳のウルフギャング・ヴァン・ヘイレンは2007〜2009年よりもずっと自信に満ちて確実になっていた。しかし、ロスは驚くほど精彩を欠いていた。

プロダクションの細部に気を取られているようで、パフォーマンスよりも照明のキューが気になるようだった。
ステージの中央からあまり動かず、トレードマークのハイ・キックも少なく、最前列に突き出したスロープにはほとんど出なかった。

ジャケットを4回替え、いろいろなシャツや帽子を見せてくれたが、何だかやけにおとなしく、ヴァン・ヘイレンのファンが愛しているダイアモンド・デイヴの輝きを欠いていた。しかし、もちろんバンドにこうしたことをやり直すチャンスはたっぷりある。

ツアーのスケジュールは6月後半まで続き、夏には海外でもライブの噂があるのだ。

Billboard Daily News 2012年2月22日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 夏バーゲン開催中!
  • 楽天ペイ
  • アウトレットバーゲン
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • GUESSオープン!
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる