海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > カーミンがホイットニーの死後、「SNL」で感動体験

カーミンがホイットニーの死後、「SNL」で感動体験


カーミン

多くの音楽ファンにとって、2/11はホイットニー・ヒューストンが48歳で亡くなった夜として記憶に残ることだろう。

しかし、デビュー・アルバムをリリースもしていないうちに「サタデー・ナイト・ライヴ」でデビューを飾ろうとしていた新進のポップ・デュオ、カーミンにとって、その夜はショッキングな悲劇の結果として実現したキャリアにおける画期的大事件となったのだった。

カーミンのエミー・ハイドマンとニック・ムーナンはビルボードCOMに、ヒューストンの死を知ったのは「SNL」のステージに立って彼らの歌「ブロークンハーテッド」と「アイ・トールド・ユー・ソー」を歌うほんの数時間前だったと語った。

「メークアップ・チェアに座っていたら、私たちのパブリシストがそのことを話しているのが聞こえたの。『いいや、そんなの本当じゃない。噂に過ぎないよ。真実のわけがない』とかって」とハイドマンは言う。

「そして、そのあと彼は、やっぱり事実だったって言ってた」「椅子に座って、すべてが何だか消えていくみたいに思えたのを覚えているわ。私にとってすごく感情的に圧倒されるようなことだったの」と彼女は続ける。

「私とニックには素晴らしい一年だった。私はよく夜にベッドに横になってホイットニーが歌うのを聞いていたのよ。小さな子供の頃、ネブラスカでひとりぼっちでね。いつかは私もこんなことをキャリアにできたらいいなって夢見ながらね。だから、ほんとに大変だったわ。メークアップ・アーティストの仕事もずっと大変になっちゃった。私の涙を拭かなくちゃならなかったから」

しかし、そんな体験から2,3日して、ハイドマンはありがたいことにショッキングな知らせがカーミンのパフォーマンスを邪魔することはなかったという。

「とてもとても悲しいことだったけど……私はそのエネルギーを自分たちのパフォーマンスに向け直したんだと思う。実際、ステージに出て行くときちょっと力づけられるような気がしたし、リハーサルはサウンドチェックよりはるかにうまく行った。驚異的だったわよ。それから、もちろん生放送でも、私たちは自分たちのショーについてすごくいい気分だった」

Billboard Daily News 2012年2月15日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 半額SALE
  • 売りつくしSALE
  • アウトレットバーゲン
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる