HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > Xジャパンのヨシキ、ゴールデン・グローブ賞の新しいテーマを...

Xジャパンのヨシキ、ゴールデン・グローブ賞の新しいテーマを作曲


Xジャパン

ゴールデン・グローブ賞のテレビ中継の新しいテーマ音楽を作るのに、日本のロック・グループ、Xジャパンのリーダー、ヨシキは日本天皇即位を祝うために13年前に書いたピアノ・コンチェルトをインスピレーションに使った。ハリウッド・フォーリン・プレス・アソシエーションは注文をつけた。

「もっとエッジを効かせるように言われたので、ギターとベースとドラムを加えたんだ」とヨシキはビルボードCOMに語った。
「作曲には長くかからなかった。ふさわしいイメージを掴むのに10日とか2週間ぐらいかかったけどね」

テーマは1/15のテレビ放送のトップでプレミアされる。ヨシキとHFPAの社長、アイーダ・タクラーオレイリーは夏にテーマについて話し合いを始めたが、Xジャパンの15カ国ツアーのせいで彼は11月まで取りかかることができなかった。

彼はロサンジェルスでレコーディングを開始、34人編成のストリング・セクションとピアノを東京でレコーディング、それからまたロサンジェルスに戻って曲を完成させた。完成したとき、曲は7〜8分にも及んだ。

組織のためのテーマを求めていたHFPAは2〜2分半のものを必要としていただけだった。
「どこでカットしてもいいよって言ったんだ」とヨシキは言う。

現在46歳のヨシキは4歳の時にクラシック・ピアノを学び初め、1980年代後半にXジャパンをスタートさせた。

バンドが人気になるに連れてその音楽はよりメインストリームなロックよりになっていくが、ヨシキはサイド・プロジェクトとしてクラシック作品を書き続けていた。

彼は2005年のワールド・エキスポの音楽監督としてテーマ・ソングを作曲、開会式ではオーケストラを指揮し、ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラとレコーディングした自身のクラシック・アルバムをサー・ジョージ・マーティンと共同プロデュースしている。

彼は現在Xジャパンの初の英語プロジェクトであるアルバム(古い歌と新曲が半々で、95パーセントが英語で歌われている。最近のワールド・ツアー中にレコーディングされた)の仕上げをしている。EMIから発売される。

「9割は完成していて、あと数週間で終わるよ。これはインターナショナル・マーケット向けのもの。僕たちが今までやったことのなかったことだ」

Billboard Daily News 2012年1月13日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる