HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ジョージ・ハリスンがビルボードに見るベスト10ヒット

ジョージ・ハリスンがビルボードに見るベスト10ヒット


ジョージ・ハリスン

11/29に没後10年となるジョージ・ハリスンを讃えるべく、ビートルズ時代からソロまでの彼の10大ビルボード・ヒットを取り上げてみた。「静かなビートル」とされる彼だが、ソングライティングの貢献は大きく、ソロとなってますます才能を開花させた。

10,「ユー」(ビルボード100最高位20位)1975年のソロ『エクストラ・テクスチャー』からのリード・シングルで、サックス・ソロで有名な歌。元々はロニー・スペクターのためにレコーディングされたものだった。

9,「ブロウ・アウェイ」(16位)息子のダーニが生まれた頃のセルフ・タイトルのアルバムからの1STシングル。天気のことが歌われたストレートなポップ・ソング。

8,「ダーク・ホース」(15位)ビートルズ解散の2,3年後に出た同名のアルバムからのシングル。これは彼のレーベルの名前でもある。

7,「ホワット・イズ・ライフ」(10位)1971年のヒット曲でビリー・プレストンとの共作。人を愛することもなく生きる意味を問いかけている。アルバム『オール・シングス・マスト・パス』収録。エリック・クラプトンがギターで参加している。

6,「オール・ドーズ・イヤーズ・アゴー」(2位)1980年12月のジョン・レノンの死後に発表されたトリビュート・ソング。ポール・マッカートニーがベース、リンゴ・スターがドラム、ジョージ・マーティンがプロデュースしている。

5,「フォー・ユー・ブルー」(1位)ビートルズの名曲「ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」の両A面シングルとして発表された。ラップ・ギターはジョン・レノンが弾いている。

4,「ギヴ・ミー・ラヴ(ギヴ・ミー・ピース・オン・アース)」(1位)スピリチュアルなフォーク・ナンバーで、ポール・マッカートニーの「マイ・ラヴ」を蹴落として1位になった。73年の『リヴィング・イン・ザ・マテリアル・ワールド』収録。

3,「サムシング」(1位)ビートルズのもっとも愛されている曲のひとつ。『アビー・ロード』収録。ハリスンが書いたビートルズの曲としてはもっとも成功した。

2,「ガット・マイ・マインド・セット・オン・ユー」(1位)1987年のカムバック・アルバム『クラウド・ナイン』からのルディ・クラークのカバー曲。ELOのジェフ・リンが共同プロデュースしている。

1,「マイ・スウィート・ロード/イズント・イット・ア・ピティ」(4週間1位)ザ・シフォンズが歌った「ヒーズ・ソー・ファイン」の盗作説もあるが、クリシュナを賛美する歌詞からスライド・ギターに至るまできわめてハリスンらしい歌だ。『オール・シングス・マスト・パス』収録。

Billboard Daily News 2011年11月30日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • 海外発送
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 対象アイテム70%オフ
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる