HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > スティングがソロ活動25周年を祝ってツアー、アルバム、演劇

スティングがソロ活動25周年を祝ってツアー、アルバム、演劇


スティング

ポリス後のソロ活動25周年(正確には26周年)を記念するツアー中のスティングは、演劇作品や記念日に向けてのアプリなど、新しい展開を考えている。

彼はこれから始まる『ザ・ラスト・シップ』を「歌の入った劇」と呼んでいる。
「ミュージカルとは呼びたくない。その言葉が大嫌いだから」。今のところこのプロジェクトのために25曲を書き上げたという。

「自分の故郷を舞台にした劇なんだ。僕は造船所の影で生まれた。よく、どうして自分の育ったこんなシュールな環境に魅かれるのかと思っていたけど、それが僕にとって心理的、象徴的重要性を持っているんだと今はわかる。それが僕の夢の風景なんだ――僕のちっぽけな故郷、育った家、そこにいた亡霊たちが」。

所有者たちの願いに反して造船所を占拠するという物語で「それって今の時代っぽいだろ。何かを占拠するのって」彼は『ザ・ラスト・シップ』をひとつの決まった劇場で上演するのではなく、ツアー形式の上演にしたいと思っている。

「業界の興奮も高まっているんだ。僕はこっそり自信を持ったり、大げさに落胆したりしてるよ。クリエイティブ・プロセスっていうのはそうしたものさ。とてもむずかしいんだ。きわめて精密で、とことん削ぎ落とさないとね。ナレーションも歌もセリフも。すごく興味深くて、むずかしい。起きている時間も夢見ているときもそれに奪われている感じ。面白いよ」

25周年を記念してボックス・セット『25イヤーズ』と1枚のアルバム『ベスト・オブ・25イヤーズ』が発表される。

無料アプリではインタビューや写真、ライブ映像などのマルチメディア・コンテンツを含むスティングのソロ・キャリアのデジタル・ドキュメンタリーが楽しめる。

「このアプリはすごく懐古的だけど、充実しているし、つねにアップデートできるんだ。僕はノスタルジックな人間じゃない。ノスタルジアなんて一種の病気さ。でも、ポリス後25年生き延びたっていうのはなかなかのものだから、こんなふうに振り返ってもいいと思ったんだ。いい体験だったよ」

伝統的なアルバムについて、スティングは「新しいやり方を見つけないといけない。アプリっていうのは新しいやり方だと思うよ。人々はもうCDなんて買わないからね。みんな、もう売るのも作るのもやめようとしてる。だから、人々に音楽を届ける違う方法を探しているんだ」

スティングの『25イヤーズ』北米ツアーは12/10まで続く。それが終わったらふたたび視線を前に向けようというスティング、ポリスの再結成はありえないようだ。

Billboard Daily News 2011年11月16日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • ニット全品SALE
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる