HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ブライアン・ウィルソンが新作制作開始、ビーチ・ボーイズ再...

ブライアン・ウィルソンが新作制作開始、ビーチ・ボーイズ再結成の噂は?


ブライアン・ウィルソン

ガーシュインを生まれ変わらせ、「イン・ザ・キー・オブ・ディズニー」で歌い、ビーチ・ボーイズの『スマイル』の公式リリースを手伝ったのち、ブライアン・ウィルソンは2008年の『ザット・ラッキー・オールド・サン』以来となる新鮮なマテリアルに新たに取り組む準備をしている。

「新しいブライアン・ウィルソン名義のアルバムをスタートさせているんだ。5つか6つぐらいの曲に取り組んでいるよ」とウィルソンは語る。

目指しているのは「素晴らしい歌の入った新作アルバム。ロックンロールもあればそうでないものもある。若いときよりゆっくりアプローチしているんだ。かつてはスタジオに駆け込んでレコーディングしていたものだけどね。だけど、いまだに50年前と同じくらい完璧主義者なんだよ」

新作は、この秋のウィルソンのいくつかのプロジェクトや2012年に活動50周年を迎えるビーチ・ボーイズに参加するという噂に続くものだ。10月25日にリリースされる「イン・ザ・キー・オブ・ディズニー」ではウィルソンが「スノー・ホワイト・アンド・ザ・セヴン・ドワーヴス」や「ピノキオ」などディズニーのスタンダード11曲をカバーしている。

「ディズニーの人たちが来て『ディズニーの歌のアルバムを作りたい』というんだ。美しい歌だからね。一曲ずつふさわしい解釈で作り上げたよ」ウィルソンはアルバムをプロデュースし、すべてのボーカル・アレンジを手がけ、ポール・ヴォン・マーテンズと共にバンドのアレンジも行なった。

「人々が本当にその歌を楽しめるようにふさわしいやり方でやりたかったから神経質になったよ。みんなが『じゃあエルトン・ジョンの歌をやろう』とか言うと『おい、僕はこの歌でちゃんとした仕事をしたいんだ』って言い返していた。偉大な作曲家による偉大な歌なんだから、ちゃんとやりたかったんだ」

11月1日にはビーチ・ボーイズが1966〜67年にレコーディングした2枚組『ザ・スマイル・セッションズ』がリリースされる。
ウィルソンと残存するメンバーのマイク・ラヴ、アル・ジャーディンが製作に関与した。

これにはアルバム『スマイル』の最初に意図されていたバージョンや別バージョン、アウトテイクなどが含まれている。

「すごくワクワクしたよ。あのアルバムはきわめて素晴らしい芸術作品だから。僕たちは時代のあまりにも先を行ってしまったと考えていた。今ならみんな気に入ってくれるんじゃないかと思っているよ」

ラヴとジャーディンは残存するメンバーが再結成してライブをやるとかレコーディングをするとか、あるいは一緒に曲を書きたいとか述べているが、ウィルソンはまだ発表する時期ではないと言う。

「それに関しては何もまだ固まっていないんだ。これからどうなるのかわからないよ。たしかに50年というのはこのビジネスでは長い時間だから、もちろんすごく誇りには思っているけどね」

Billboard Daily News 2011年10月19日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる