海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ブロック・パーティ1がメンバー・チェンジの噂を否定

ブロック・パーティ1がメンバー・チェンジの噂を否定


ブロック・パーティ

2005年のデビュー作『サイレント・アラーム』でシーンに飛び出したイギリスの先鋭なロック4人組、ブロック・パーティは、メンバー・チェンジの噂にもかかわらず、解散してもいなければ、フロントマンのケレ・オケレケに代わるシンガーを探してもいない。

バンドは2008年のエレクトロニカ風アルバム『インティマシー』以来アルバムを出しておらず、オケレケは昨年デビュー・ソロ・アルバム『ザ・ボクサー』をリリースした。

NMEとのインタビューでギタリストのラッセル・リサックはオケレケがいまだにソロのマテリアルに取り組んでいるので、彼とベーシストのゴードン・モアケスとドラマーのマット・トングはオケレケなしで前に進んで新しい音楽に取り組むことに決めたのだと言っている。

「別に秘密にしてるわけじゃないよ。だってケレはソロをやるのでかなり忙しかったし、もうちょっと長くかかりそうだったからね」とリサックは言う。

「僕たち3人は集まって音楽を作りたかったんだ。インストゥルメンタルものだけをやろうって話し合っていたんだけど、今はシンガーも入れてちゃんとした音楽の形にしてショーもやることになるかもしれないよ」

しかし、バンドは大きなメンバー・チェンジを否定しており、「ブロック・パーティは今もブロック・パーティだ」というメッセージを「もうじき会おう」というキャプションつきの4人の漫画風の絵とともに公式ウェブサイトにポストした。

また、オケレケは9月28日に「ブロック・パーティに祝福あれ」というブログをポストしており「僕の大部分ではこういうことすべてを笑い飛ばしてるんだけど、いったい何なんだ?って思ってる部分もある」と書いている。

ブロック・パーティの最初の3枚のアルバム『サイレント・アラーム』、2007年の『ア・ウィークエンド・イン・ザ・シティ』、『インティマシー』はアメリカで62万枚売れている。

バンドの新作アルバムについてはなんの情報もないが、オケレケは新しいソロEP『ザ・ハンター』を11月7日にウィチタから発表する。先週金曜日に「ホワット・ディド・アイ・ドゥ」のビデオが発表されている。

Billboard Daily News 2011年9月29日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 楽天キャンペーン
  • 全品SALE
  • 新規会員キャンペーン
  • OUTLET
  • インスタグラム
  • LINE
  • twitter
  • facebook
0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる