HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > モブ・ディープ、『ファイヴ・アウト・オブ・ファイヴ』で語る

モブ・ディープ、『ファイヴ・アウト・オブ・ファイヴ』で語る


モブ・ディープ

レッド・ブル・ミュージック・アカデミーが、ニューヨーク・シティの5枚のもっとも伝統的なヒップホップ・アルバムに焦点を当てた『ファイヴ・アウト・オブ・ファイヴ』コンサート・シリーズをスタートさせた。

9/25のウェブスター・ホールではモブ・ディープのハヴォックとプロディジーが1995年のアルバム『ジ・インフェイマス』の制作についてディスカッションを行なった。

「エゴ・トリップ」の共同設立者であり元『ヴァイブ』の音楽編集者だったサシャ・ジェンキンズが司会を務めたほぼ2時間のインタビューの間、二人はクイーンズで成長したこと、彼らが注目を集めるのを手伝った「ダン・ランゲージ」の起源、街が歌詞に及ぼした影響などについて語った。

その後『ジ・インフェイマス』から8曲が流され、二人はそれぞれの曲についてサンプリングやレコーディングの逸話を語った。「アルバムは地元を出て成功するための苦闘、飢え、意志を表している。そんな成功はまったくの奇跡なんだ。どんな状況も危険が伴う。アルバムはそのことを描いているんだ」とハヴォックは語った。

インタビューには70人以上が参加、その後モブ・ディープの以前のレーベル(G-ユニット)仲間で同じくクイーンズ出身のラッパー、ロイド・バンクスがパフォーマンスを行なった。

その後マーレイ・マートがステージに登場してヘッドライナーのプロディジーとハヴォックを紹介した。二人は『ジ・インフェイマス』からのほとんどの曲をプレイし、リード・シングルだった「シュック・ワンズ・パートII」で幕を閉じた。

しかし、もっとも印象的だったのはインタビューの部分だ。

『ジ・インフェイマス』が今なおクラシックとされている理由について「音楽は楽しいものであるべきだけど、これはストリート・ミュージックなんだ。いい加減なことを言ったら誰かに見抜かれちゃうからね」とハヴォックは語った。

暴力の文化や刑務所に行くことについても話は及んだ。4月に自伝『マイ・インフェイマス・ライフ』を出したプロディジーは最近3年間刑務所で過ごしたことが「心身を取り戻す役に立った」という。

ハヴォックは自分の兄弟の法律問題が『ジ・インフェイマス』の「テンペラチャーズ・ライジング」に描かれているという。

「多くの子供たちが大人を真似て刑務所に入りたがってるけど、そんなことはしなくていいんだ。オレはストリートの犠牲にならないようにしていたよ」

Billboard Daily News 2011年9月28日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる