HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ビッグ・ショーンが秋からのツアーに加え、制作面でも多忙の兆し

ビッグ・ショーンが秋からのツアーに加え、制作面でも多忙の兆し


ビッグ・ショーン

デトロイト出身のラッパー、ビッグ・ショーンは、10/2のノースキャロライナ州アッシュヴィルからスタートするヘッドライナー・ツアーで多忙な日々を送ることになりそうだが、その間、ステージ以外でも様々な計画が目白押しのようだ。

今年6月にリリースされたデビュー・アルバム『ファイナリー・フェイマス』が全米アルバム・チャートで初登場2位、ラップ・R&Bチャートではいきなり1位を獲得する大ヒットとなったばかりだが、ショーンは早くも次なる展望として“スタジオ・バス”を手に入れ、移動中に4作目となるミックス・テープとセカンド・アルバムのレコーディングを計画しているという。

「俺はミックス・テープの世界から登場し、そこから今の地位を築いた。だから自分のキャリアにおいてミックス・テープは欠かせない存在だし、作るのを止めるつもりはないんだ」と語るショーンは、今年のMTVミュージック・ビデオ・アワードで“最優秀新人賞”にもノミネートされた勢いのあるアーティストだ。

「今では多くのファンを獲得したし、これからも支持を広げて行きたいと思っている。そんな中、ミックス・テープというのはファンと最も“素”の状態でつながれる手段の1つだと俺は考えている。そこからヒット・シングルが出なくったって構わないし、収録されているのがたったの8曲だって構わない。俺はみんなに自由な作品を提供したいだけなんだ」。

すでに“かなりイケてる曲”が幾つか仕上がっているそうで、そのうちの1つはアルバムに確実に収録するであろう“間違いなく最高”のビートの楽曲らしい。

ちなみにその曲を手掛けたのは、『ファナリー・フェイマス』に収録された「アウェイ・フロム・ミー」の共同プロデューサー、エグザイルとのことで、さらに楽曲制作を進めて来年の夏までには12〜13曲くらいに膨らませたいと考えているそうだ。

自らの作品の他に、ショーンはケリー・ローランドのアルバム『ヒア・アイ・アム』に収録された「レイ・イット・オン・ミー」にゲスト参加しており、間もなくビデオ撮影も始まる。

さらに最近ではジャスティン・ビーバーともスタジオに入って1曲をコラボしたそうで、「俺のミックス・テープ、あるいはアルバムに収録されるかもしれないし、ジャスティンのアルバムに入るかもしれない。どうなるか未だ分からないね。ジャスティンは俺の曲をほとんど知っていてね。ソラで覚えていてラップをやっていたんで、スゲェ驚いたぜ」と語っている。

Billboard Daily News 2011年9月15日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる