HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > フリートウッド・マックが2012年にツアー活動を再開

フリートウッド・マックが2012年にツアー活動を再開


フリートウッド・マック

フリートウッド・マックは2012年に間違いなくツアーをするが、確定的な詳細については誰にも聞かないように。
「僕たちはバンドとして全然組織化されていないから、何を言っていいのかわからないよ」とドラマーでバンドの共同創立者のミック・フリートウッドは笑う。

「わかっているのは、僕たちが来年仕事をするってことだ。リハーサルを始めるっていう電話が来るはずだよ。大抵パニックになるんだ。なにしろ、僕たちはぎりぎりまですべてを放っておくからね。だけど、来年の初夏にはすべて準備が整ってると思う。いったんスタートしたら、U2やローリング・ストーンズみたいにたっぷりやるんだ。もう誰も二度と僕たちをブッキングしたくなくなるくらいプレイするのさ」

シンガーでギタリストのリンジー・バッキンガムは自分の新作ソロ・アルバム『シーズ・ウィー・ソウ』をプロモートするツアー中だが「今までは時間がなかったから何もしてないけど、来年の頭ぐらいまで待って、それからじっくりスケジュールを練らないとね」という。

ツアーは2009年の『アンリーシュト』ツアー以来となり、バッキンガムのアルバムとスティーヴィー・ニックスの『イン・ユア・ドリームス』(今年5月発売。バッキンガムとフリートウッドも参加している)の発売に続くものだ。

バッキンガムは「フリートウッド・マックのアルバムも作るという話があったんだ」というが、フリートウッドは少なくともツアー前にその可能性はないと見ている。

「残念だけど、アルバムを作っている時間はないだろう。でも、スタジオに入って楽しみながら2,3曲やることはできるだろう。インターネットで発表したりすることはできるんじゃないかな。ツアーに出る前にそういうものが発表できるといいね」

バンドのプロデューサーであるバッキンガムは何かするとしても、外部の人にプロデュースをお願いしたいと考えている。
「バンドの政策を理解できて、全体を見られる人にね。そうしたら僕の仕事はぐっと楽になるから」たとえ新曲ができなくても、フリートウッドとベーシストのジョン・マクヴィーを含むバンド・メンバーはバンドの44年間のレコーディング・カタログからの曲で人々をショーに呼び集められると信じている。

「前回のツアーは新作を出さずにやった唯一のツアーだったから、あまり知られていない曲を取り上げて新鮮な気持ちでやることができたし、ファンも気に入ってくれた。僕らにはそういう音楽がたくさんあるから恵まれているよ」

Billboard Daily News 2011年9月14日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • 海外発送
  • LINE ギフトコード当たる!
  • こども服全品SALE
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる