HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > マドンナ、ブランド名「マテリアル・ガール」を使えない?

マドンナ、ブランド名「マテリアル・ガール」を使えない?


マドンナ

マドンナはマテリアル・ワールドに生きているかもしれないが、「マテリアル・ガール」という言葉を所有しているとは法律的に言えないようだ。

カリフォルニアの連邦裁判官は、1985年に彼女が「マテリアル・ガール」という歌を作ったのだから、自分のファッション・ブランドの名前にその言葉をトレードマークとして使う優先権があるという主張を認めなかった。

マドンナとその会社、マテリアル・ガール・ブランドは、昨年LAに拠点を置くファッション小売店、LAトライアンフによって起こされた訴訟を戦っている。この会社は1997年より「マテリアル・ガール」製品を売っており、登録商標も持っていると主張している。

これに対してマドンナは、25年以上も前に「マテリアル・ガール」を有名にしたヒット・ソングを作ったのは自分だという証拠を示すことによって訴訟をひっくり返そうと試みた。

裁判所に提出された書類の中で彼女は自分こそがマテリアル・ガールであり、1985年に最初にその言葉を使った人物だと述べている。

「マドンナがパフォーマンスを通じて『マテリアル・ガール』というマークを作ったとする被告の主張は法律的に誤りである」と裁判官は書いている。

「法廷は歌を歌うことはトレードマークを作ることにならないとみなしている」裁判官は、1980年代の「マテリアル・ガール」関連商品の8500万ドル相当の売り上げは「最上位のトレードマーク・ユーザー」であるという事実を確立するに足るという議論も退けた。

コンサート・グッズは厳密に衣服の売り上げとイコールではないというのがその理由だ。
しかし、裁判官は10月に予定された裁判でこれについて陪審員が証言を聞くのを許可するという。

もしこの会社が名前通りの会社なら、LAトライアンフはマドンナに彼女のブランドのために新しいブランド名をつけるよう強いることもありうる。

Billboard Daily News 2011年9月8日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる