HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > ノー・アイ・ディーがデフ・ジャムの重役に就任し、ジェイ・Z...

ノー・アイ・ディーがデフ・ジャムの重役に就任し、ジェイ・Zの新作も視野に


ノー・アイ・ディー

ビッグ・ショーンがヒット曲を放つ手助けをし、(ジェイ・Zとカニエ・ウエストの)アルバム『ウォッチ・ザ・スローン』に貢献し、今週初めにはデフ・ジャム・レコードの重役の座に就いたばかりのノー・アイ・ディーは、まさに花開いたような2011年を満喫している。

しかし、ヒップホップ界のベテラン・プロデューサーの快進撃はまだ終わったわけではなく、Billboard.comに語ったところによると、新たに就任したデフ・ジャムの上級副社長という立場を存分に利用し、ナズ、コモン、更にはジェイ・Zの新作をリリースしたいと考えているようだ。

ノー・アイ・ディーは、ヒップホップ界のスーパースターであるジェイ・Zとアルバム『ブループリント 3』でタッグを組み、「D.O.A. (デス・オブ・オート・チューン)」や「ラン・ディス・タウン」などのヒットを送り出した。

そんな盟友については、「ジェイが再び活動を始め、僕に何曲か聴かせてくれたんだ。そして『ウォッチ・ザ・スローン』のセッションをしている最中、僕からもジェイに幾つか音楽を提供した。
でも彼と一緒にいても、一体何をしているか、何を考え、計画しているのかまったく分からず、完全に仕上がるまでは先が読めない。

とはいえ、ある時点では決断を下し、いつものことながらすごいスピードでアルバムを仕上げるはずだ。
とにかくジェイは最高のアーティストだし、自分が何をやりたいのか明確なヴィジョンを持っている。
周囲の人間を頼ることは一切なく、飽くまでも自分のアイデアをベースに作品を作る。制作の際には、何とか僕も力添えさせてもらえたらうれしいんだが」と語っている。

レーベルの上級副社長としての任務は、所属するアーティストの管理はもちろん、ユニヴァーサル・リパブリックの会長/最高経営責任者であるバリー・ワイスのもとで新人の発掘も手掛けなればならない。

しかしノー・アイ・ディーは、「僕には十分な経験があるし、それを十分に生かしてレーベルに貢献したいと思っている」と自信の発言をしている。

Billboard Daily News 2011年9月1日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 新作PICK30%OFF
  • 海外発送
  • ウィンターSALE開催中
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる