HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > MOTORHEAD、LEMMYのサイド・プロジェクトが新作発表

MOTORHEAD、LEMMYのサイド・プロジェクトが新作発表


MOTORHEAD

復活して5年になるMOTORHEADのLEMMY KILMISTERは、自分のもうひとつのバンド、HEADCATのメンバーが「ニュー・アルバムを作った方がいいと言えるところまでに至った。なにしろ古い歌ばかりずっと演ってるわけにはいかないからね」と言う。

その結果、『WALK THE WALK…TALK THE TALK』という12曲入りのアルバム(10曲がカバーで、2曲がオリジナル)が2010年6月の4日間にハリウッドにあるセージ・アンド・サウンド・スタジオでレコーディングされた。

「オレがほとんどの歌を考えたんだ」と、2000年にELVIS PRESLEYのトリビュート・アルバム『SWING CATS…』のためにSTRAY CATSのドラマーのSLIM JIM PHANTOMとギタリスト/ピアニストのDANNY HARVEY(THE ROCKATS、LONESOME SPUR)とHEADCATを結成したLEMMYは言う。HEADCATは2006年に1STアルバム『FOOL’S PARADAISE』をリリースし、翌年ライブDVDを出している。

「いつだって自分のお気に入りってもんがあるし、やっちゃいけないことってのもわかってる」とLEMMYは選曲について言う。

「たとえばLITTLE RICHARDの歌はやろうとしちゃいけない。本人の方がうまいんだから、忘れた方がいい。他はなんとでもなるけどね」。

『WALK THE WALK…』にはHEADCATバージョンのPRESLEYの「TRYING TO GET TO YOU」、CHUCK BERRYの「LET IT ROCK」、EDDIE COCHRANの「SOMETHING ELSE」、THE BEATLESの「YOU CAN’T DO THAT」、ROBERT JOHNSONのCREAMで有名になった「CROSSROADS」などが入っている。

「THE BEATLESはオレのお気に入りだった。イギリスの誰もがSTONESかBEATLESのどっちかを応援していて、オレはTHE BEATLES派だった。オレは”YOU CAN’T DO THAT”にいつもすごく感銘を受けていたんだ。最初聞いたとき、ソウル・グループかと思ったよ。白人少年には聞こえなかった」

オリジナル曲の「AMERICAN BEAT」は10分で書かれたといい、「THE EAGLE FLIES ON FRIDAY」は「ただの盗作ブルースだよ。オレは初めて聞いたときからブルースが大好きだった。だから、ひとつやってみようと思ったんだ。”AMERICAN BEAT”ではアップビートなロックンロールをやってるんだけどね」

Billboard Daily News 2011年7月14日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料0円!
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • ANAPONLINE公式インスタ
  • LINE ギフトコード当たる!
  • 送料無料クーポンをゲット!
  • ANAP Beauty Professional
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる