HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > MOTORHEAD、元ギタリストが61歳で死去

MOTORHEAD、元ギタリストが61歳で死去


MOTORHEAD

MOTORHEADのLEMMY KILMISTERはかつてMICHAEL “WURZEL” BURSTONのことを「静かなるモンスター。彼はきわめて口調の柔らかな男で、一種紳士といった感じさえある。しかし、ギターを渡してみろ、とにかく……爆発しちゃうんだから」

1985~1995年の間にMOTORHEADと9枚のアルバムを作ったWURZELが、心筋症によって引き起こされた心室細動のために7/9に61歳で亡くなった。

KILMISTERのベース・テクであるTIM BUTCHERがフェイスブックで訃報を発表し、WURZELを「完璧な紳士で偉大なギタリスト」と讃え、「君がいなくなって淋しくなるよ」と書いている。

7/10のネブワースでMOTORHEADは出演するソニスフィア・フェスティバルのセットをWURZELに捧げると宣言した。

ドラマーの MIKKEY DEEはスウェーデンの新聞に「WURZELはものすごく素晴らしいMOTORHEADのリフを書いた。彼が脱退して淋しかったことを覚えているし、シンプルでクラシックなMOTORHEADのリフが懐かしいよ。以来あんなものは書かれていない。彼と一緒になくなってしまったんだ。素晴らしくて、ほんとに面白いヤツだった。あいつの中にはたくさんのロックンロールが詰まっていたよ」

WURZELはイギリスのチェルトナムで生まれ、軍隊でドイツやアイルランドに駐屯していたこともある。
イギリスの子供番組に登場するWORZEL GUMMIDGEにちなんでこの渾名が付いたのも軍隊でのことだった。

BASTARDやWARFAREといったバンドを経て1984年に MOTORHEADのオーディションを受けた。
LEMMYが彼とPHIL CAMPBELLのどちらを選ぶか決めることができず、バンドは4人編成になった。 

彼は1995年、アルバム『SACRIFICE』をレコーディングしたあとにバンドを脱退。その後2005年の『BBC LIVE & IN SESSIONS』のリリースに関わったり、バンドのステージにゲスト参加したりしてきた。

ソロ・アルバムとしては1987年の『BESS』、1998年の『CHILL OUT OR DIE』がある。
また、WARHEAD、SPLODGENESSABOUNDS、WVKEAF、DISGUSTなどのアルバムにゲスト参加している。

死ぬ前にWURZELは新しいバンド、MLEADER OF DOWNでデビュー・アルバムのためのマテリアルをレコーディングしていた。

Billboard Daily News 2011年7月12日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE
  • 海外発送
  • HAPPYBAG30%オフ!
  • ANAP Beauty Professional
  • LINEスタンプ発売!
  • モバイルきせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる