HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > JAY-Z、オバマ大統領に対する批判について一言

JAY-Z、オバマ大統領に対する批判について一言


JAY-Z

JAY-Zは7/7(木)の晩、KANYE WESTとのコラボ・アルバム『WATCH THE THRONE』のプライベート・リスニング・セッションをNYのマーサー・ホテルで開催したが、その最中、JAY-Zはこれまでにも公然と支持を表明してきたオバマ大統領に対し、このところ世間が批判を展開していることについてどう思うかという意見を求められた。

このセッションのために音楽ジャーナリストたちがホテルの小さな部屋に集まったのは、アメリカ労働省が最新の月間雇用統計を発表し、6月の失業率が9.2%にまで再上昇したことが発覚する数時間の前のことだったが、JAY-Zはオバマ大統領への強い風当たりについて「彼は大統領だから、(批判されるのは)フェアなことかもしれない」とコメント。

「確かに(この国の現状について)我々は変化を起こさなければならないが、1日ですべてを変えることなんてことは不可能だ。しかし(悪い)数字はウソはつかないし、失業率が依然として高いのは事実だ」と言葉を続けた。

そして5/1にオサマ・ビン・ラディンを殺害したというニュースを公表した大統領を真似て、あたかも記者会見でスピーチを行うストリートのタフな男のような口調で、「あの男は脅威の存在だった。この意味、わかるよな?だから我々は手を下したのだ」と、セリフをジョークにして笑い飛ばしていた。

Billboard Daily News 2011年7月11日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 送料一律324円
  • 全品SALE開催中!!
  • 海外発送
  • 750円均一SALE
  • ANAPハッピーバッグ再販決定
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • クリスマス特集
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる