海外発送/国際配送サービスの転送コム

HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > BEYONCE、『4』のエンジニアが語るレコーディング裏話

BEYONCE、『4』のエンジニアが語るレコーディング裏話


BEYONCE

BEYONCEの主要レコーディング・エンジニアはトロント出身のJORDAN “DJ SWIVEL” YOUNGだ。

彼はニューヨークの新しい350万ドルのジャングル・シティ・スタジオに座って、2011年もっとも期待されているアルバムのひとつである BEYONCEの『4』(6月28日発売)について話している。

「最初始めたときはトイレを掃除したり、食べ物をオーダーしたり、スタジオのメンテナンスをやったりしていたよ」と初期の頃を振り返ってYOUNGは言う。

「だけど、それが一日限りの仕事みたいには思わなかった。自分の天命に気づいたのはそんなときだったんだ」

様々な年齢層のクラブでDJをしてきた野心的少年は2005年にFULL SAILのサウンド・エンジニアリング・プログラムを卒業して2日後にニューヨークに出てきた。FABOLOUSがレコーディング・セッションのエンジニアに彼を選んだのだ。

そんな彼は「僕たちの世代で最高のシンガー」をレコーディングする栄誉に興奮を覚えたという。

「当時エピックで仕事をしていた友だちのOMAR GRANTが何年も前にDESTINY’S CHILDの仕事をしたんだ。BEYONCEはたぶんその日エンジニアを必要としてたんだろうね。2010年4月のことだよ。前作を完成させて、また仕事に戻る準備をしていた。新しい曲を1曲やりたがっていて……僕が参加した。彼女はその日の最後に素晴らしい仕事をしたと言ってくれたよ。で、2,3ヶ月後、もっとセッションをするように電話をもらったんだ」

レコーディングに関しては「毎日ノンストップでかなり仕事をするんだ。Bは機械そのものだよ。70 曲以上レコーディングしたね。今までスタジオで経験したいちばん素晴らしい体験だった。BEYONCEとは昨年だけで、自分の家族と6年間に過ごしたよりも多くの時間を過ごしたよ(笑)」『4』には海外でのレコーディングもあったそうだ。

「オーストラリアのマンションを借りたんだ。ある部屋ではKANYE WESTとJAY-Zが『WATCH THE THRONE』をやっていて、僕たちは他の部屋でレコーディングしていた。信じられなかったよ。だから、すべての機材を送って、スタジオ2つ建てるのに必用なものを借りたんだ」最初のスタジオはイギリスだった。

「バースってところでね、PETER GABRIELが田舎に持っているスタジオ、リアル・ワールド・スタジオだった。彼がコレクションしたあらゆる楽器が壁に掛かっていて、まるで音楽のマッドハウスだった。実にクリエイティブなスペースだったよ」

Billboard Daily News 2011年6月20日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • 楽天ペイ
  • 全品SALE
  • OUTLETアイテムMAX70%
  • ANAP25TH スペシャルアイテム
  • ビーチアイテム
  • ANAP Beauty Professional
  • インスタグラム
  • LINEスタンプ発売!
  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる