HOLIK:MUSIC GOSSIP MOVIE GAME.... LOTS OF FUN STUFF!!

ENTERTAINMENT NEWS
INDEX > ENTERTAINMENT NEWS > FOO FIGHTERSのニュー・アルバムがキャリア初となる全米No.1...

FOO FIGHTERSのニュー・アルバムがキャリア初となる全米No.1を獲得


FOO FIGHTERS

すでに先週予想されていたとおり、最新の全米アルバム・チャートでFOO FIGHTERSの新作『WASTING LIGHT』が発売初週に235,000枚を売り上げて初登場No.1を獲得した。

彼らにとっては念願のキャリア初となる全米No.1アルバムだが、週間売り上げに関しては初登場2位にとどまった2005年の『IN YOUR HONOR』の第1週の売り上げ311,000枚に次ぐ数字となった。

FOO FIGHTERSはこれまでに8枚のアルバムを全米アルバム・チャートに送り込んでおり、そのうちの5枚がTOP 10入りする健闘を見せている。ちなみに2007年にリリースした前作『ECHOES, SILENCE, PATIENCE & GRACE』は、発売初週に168,000枚を売り上げて初登場3位という成績だった。

彼らにとって8曲目のNo.1ソングとなった新作からの第1弾シングル「ROPE」は、ROCK SONGS CHARTで初登場No.1を獲得し、その後も8週に渡って首位をキープし続けており、ALTERNATIVE SONGS CHARTでも6週間No.1を守っている。

FOO FIGHTERSに首位を座を奪われたADELEの『21』は、週間売り上げが先週よりも5%アップしたにも関わらず2位へと後退し、3位にはALISON KRAUSS and UNION STATIONの『PAPER AIRPLANE』が、発売初週に83,000枚を売り上げて初登場を果たした。

KRAUSSにとっては、2007年にROBERT PLANTとリリースした『RAISING SUN』が記録した発売初週売り上げ112,000枚と、初登場2位という記録を抜くことはできなかったが、ソロおよびUNION STATIONとのコラボ作品としては、これまでで最高のランクとなった。

以下、4位には初登場でPAUL SIMONの『SO BEAUTIFUL OR SO WHAT』、5位にも初登場でラテン・ロック・バンドMANAの『DRAMA Y LUZ』がランク・インした。このMANAの作品は彼らにとって4作目で、TOP 10入りしたのは2006年に初登場4位を記録した『AMAR ES COMBATIR』に次ぐ2作目となった。

そして6位には先週の2位から4ランク後退したBRITNEY SPEARSの『FEMME FATALE』、7位には先週と変わらずチャリティー・コンピレーション・アルバム『SONGS FOR JAPAN』、8位には5位から後退したWIZ KHALIFAの『ROLLING PAPERS』、9位には6位から後退したCHRIS BROWNの『F.A.M.E.』、そして10位には8位から後退したMUMFORD & SONSの『SIGH NO MORE』と続いている。

Billboard Daily News 2011年4月21日 更新

この記事に関するFacebookコメント

この記事に関するつぶやき

[MUSIC] [ビルボード] [洋楽]

関連キーワード

最新ニュース RSS

  • 全品送料無料
  • こども服全品SALE開催中!
  • 海外発送
  • アウター全品SALE!
  • ウィンターSALE開催中
  • HAPPY BAG発売中 !!
  • LINEスタンプ発売!
  • カラコン取扱いスタート
  • ヘアカラー
  • きせかえ
  • LINE
  • 海外発送
  • twitter
  • facebook
  • BRAND/CATEGORY

ANAP公式LINE@ 「@anap」 お得なキャンペーン情報などを配信中!

0点/合計:0

カートに商品がありません

0点/合計:0

ご利用ガイド ×閉じる